「品がない」「はしたない」立川志らくが蓮舫氏の国葬“晒しツイート”を批判

拡大画像を見る

 落語家の立川志らく(59)が10月5日、自身のYouTubeチャンネルを更新。開催後も尚、是非の分かれる安倍晋三元首相の国葬についての見解を語った。

 志らくは「政治に関して物申すのはよそうと以前宣言をしましたが…」「落語会が私にとって最も大切な仕事です。お客の中には右寄りの人もいれば左寄りの人もいる。全部含めて大事な客だから、あまり偏りすぎてしまうと失礼だなっていうのがあるんでね」と自身のスタンスを前置きした上で、国葬に対する世間の反応に「なんか嫌だなぁ」と漏らした。

 国葬について志らくは「僭越ながら言わしてもらうと、岸田総理が間違えたんだね。安倍さんがああいう悲劇的な亡くなり方をした、“アンチ安倍”の人ですらショックを受けて、『ホントに可哀想だ』と当時は言ってましたよ。そこに、『じゃあ国葬だ』といきなり言っちゃったから、“反安倍”の人が『何が国葬だ!』と出てきちゃった。世論がやるべきだってなった時に、GOサインを出しゃ良かっただけのこと」と、持論を展開した。

 その上で志らくは「すごく嫌だった」事として、先月9日に立憲民主党の蓮舫参院議員が国葬案内状の写真をTwitter上にアップし、「欠席します」と投稿していたことをあげた。

 志らくは「私別に蓮舫さん、嫌いなわけじゃないんだよ。国葬の案内状がきた。で、当然欠席ですって、それをTwitterかなんかにあげていた。なんでそんな事するんだろう? 反対するってことは自民党だって分かってるわけですよ、だけども、一政治家としてちゃんと認めて、お越しにならないだろうけど、敬意を示して、案内状を送ったわけでしょう。相手が『お前なんか絶対に来るな』って手紙を送ってきたなら、ネットに晒してね、こんなもんきましたっていうのは分かるけど、『おいでください』ってきたんだから、もらった方はちゃんと敬意を示す。ましてや人がお亡くなりになってる。欠席でいいんですよ。でも、一言『お悔やみを申し上げます』って書いて、それで出して、何にも言わない。聞かれた時に『こういう考え方があるから欠席させていただきます』でいいのに、鬼の首を取ったようにやるっていうのは、ものすごく品がないというか、はしたないことをするなと、すごく嫌な出来事でした」と振り返った。
 
 志らくは翌日にもTwitter上で「グッとラックで私も散々桜を見る会、モリカケ、アベノマスクを批判してきた。でも葬式の時ぐらい静かに見送る。それが日本人の美しさだと思っている。弔辞にイチャモンつけるなんておかしいよ」とツイート。政治に物申すことはしないというスタンスでも、こればかりは黙っていられなかったようだ。
 
(浜野ふみ)

関連リンク

  • 10/7 11:16
  • アサ芸Biz

今、あなたにおすすめ

この記事のみんなのコメント

3
  • ***

    10/11 22:48

    反対の意見はあっても良いわ。しかし、葬式の日に会場まで出て来てぐちゃぐちゃとわめき散らすのはあかんやろ!常識の無い人間のクズ共

  • トリトン

    10/8 9:46

    反対意見の大半は韓国からのほうが多いいとバレてましたね。そんなに国民が反対するとは思わなかったが反対が7割以上メディアもちゃんと調べるべきだね調査なんかいろいろ年齢や地方でやれば変わるからね。

  • 反対意見も欠席も良いけど何でわざわざTwitterで大々的にアピールするか私も意味が解らないしイヤな女だなぁ~と思った。自民党にとことん失望してはいるものの立憲に希望を持てない感覚もこういうことするからです。自分の意見を持つことと嫌がらせを同列にしてはダメだと思う。野田元首相の美学はステキに思えました。

記事の無断転載を禁じます