本日から「スマートごみ容器」で神戸をきれいに! ぽい捨てゼロの「Urban Innovation KOBE+P」

拡大画像を見る

 フジッコは、神戸市がフォーステックと協働して行うスタートアップ提案型実証実験事業「Urban Innovation KOBE+P」に協賛する。10月7日(本日)から、三宮フラワーロード周辺に設置している街頭ごみ容器に代わって、ソーラー発電で動くIoT機能付きの「スマートごみ容器」を設置する。

 スマートごみ容器は、投入されたごみを自動的に約5分の1に圧縮。ごみ収集作業の効率化を図ると同時に、ぽい捨ての削減を推進する。フジッコ協賛分として、3カ所6基(2基1セット)を設置。実証実験の期間は、2023年3月末までを予定している。

関連リンク

  • 10/7 6:30
  • BCN+R

今、あなたにおすすめ

この記事のみんなのコメント

2
  • トリトン

    10/7 9:13

    こんなの作ると家庭のゴミ待ち込むやつがいるからすぐに満タンになったりして。そして海に自転車やテレビを投げ込まないように。

  • あきひろ

    10/7 6:42

    海に靴を投げ落としてはいけません。

記事の無断転載を禁じます