愛犬のためカーテンを開けていた飼い主 その後の光景に、クスッ

拡大画像を見る

室内で飼われている犬は時々、窓の外を眺めることがあります。

諸説ありますが、犬は窓の外の景色を見たり、通行人を観察したりして楽しんでいるようです。

窓の外を眺める犬が?

ポメラニアンとプードルのミックスである、ぺんたくんも、窓の外の景色を見ることが好きな様子。

飼い主(@penta_pomepu)さんは、ぺんたくんが外を眺めやすいよう、窓の一部のカーテンを開けていました。

しばらくその場を離れていた飼い主さんは、ぺんたくんの姿を見てこうつぶやきます。

眺めやすいようにカーテンを開けておいたのに…どうして…

カーテンが開いている場所…ではなく、なぜか閉まっているところから外を眺める、ぺんたくんの姿があったのです!

状況的に、カーテンが開いているところのほうが明らかに見やすいはず。

気付いていないのか、あえてカーテンが閉まっているほうから眺めているのかは分かりませんが、思わず「そこ!?」とツッコみたくなる光景に、笑いがこみ上げます。

飼い主さんがぺんたくんの様子をTwitterに投稿すると、さまざまな声が集まりました。

・座っている場所のマットがお気に入りだからとか?

・カーテン越しに外を眺めるよさがあるのかも。なぜか哀愁が漂っていますね!

・外から見えるのが恥ずかしかったのかも知れない…!モフモフしていてかわいいなあ。

『親の心子知らず』もとい、『飼い主の心犬知らず』なぺんたくんの行動は、多くの人を笑顔にさせました!

[文・構成/grape編集部]

出典 @penta_pomepu

関連リンク

  • 10/5 17:14
  • grape

今、あなたにおすすめ

この記事のみんなのコメント

1
  • あきひろ

    10/5 17:35

    犬自体を外に出して繋いでおけばいいだけだろ馬鹿だなぁ。

記事の無断転載を禁じます