給料は“推し活”に全振り…グラドルと交際した30代男性の後悔

拡大画像を見る

 YouTuberグループ「東海オンエア」のてつやが、“推し”を公言していた元「AKB48」の峯岸みなみと結婚し、大きな話題となった。2人の場合は有名人同士だが、一般人の場合は推しと結婚……いや、そもそも交際すらもできる可能性は低い。とはいえ、かすかな希望を抱いて「推し活」している人も多いんじゃないだろうか。

 そんななかで、実際に推しのグラビアアイドルと付き合った経験のある慎一郎さん(32歳・仮名)は「僕の場合は後悔していますねぇ」と苦笑いする。オタクとしての夢を叶えたはずなのに、いったい、なぜなのか?

◆給料の7割を“推し”に費やす30代独身・実家暮らしの会社員

 まずは、慎一郎さんが「推しと交際」するようになった経緯から説明しよう。

 慎一郎さんは、高校生時代からアイドルオタク。ライブアイドルからグラビアアイドルまで幅広く推し がいる。

「童顔の可愛い系が好きです。顔がタイプだったら、とにかく1回はライブや撮影会に行きます。それでチェキを撮って話した雰囲気を見て、よければ推します」

 慎一郎さんは独身、30代にもかかわらず実家暮らしで、毎月の給料のほぼすべて……約7割を推しに費やすそうだ。

「推しが常に4〜5人いて、毎週末なにかしら現場(ライブや撮影会)があるし、ハシゴすることも多いから1日で5万円前後使うことも多いです。昔推してた子も大きなイベントとかあれば行ってあげるし、DVDや写真集が出たら複数購入は当たり前だし、ライブは推しのチェキ列が過疎ってたらループ(繰り返し並ぶこと)するんで、そのくらいすぐなくなってしまいます」

 常に数人の推しがいて週末を楽しく過ごしていた慎一郎さんだが、あるとき、とあるアイドルに告白されるというラッキーハプニングが起きる。

◆「ファンとしてじゃなくてスキです」

「当時グラドルの中ではいちばん推していたAちゃんから急に『他の子の撮影会にあまり行かないでほしいの』とDMがきまして。急にどうしたんだろう?と思っていたら『ファンとしてじゃなくてスキです』といわれまして」

 からかわれているのかな?と不審に感じ、スルーしていたというが「付き合ってほしい」とハッキリいわれ、承諾したそうだ。

「こんなこと初めてでどう対応していいのかわからず気が動転しましたが、お金を払ってまで写真を撮らせてもらってた子から好意を抱いてもらえてるなんて、シンプルに嬉しいじゃないですか。深く考えずにOKしました」

 付き合うことになりLINEを交換。しかし、休みの日に数回デートを重ねているうちに、舞い上がるどころかゲンナリしてしまう。

◆付き合ってみると「正直めんどうくさいな」

「ギャップがすごかった。その子はSNSや撮影会では結構サバサバしてるのに、リアルはめちゃくちゃ女の子らしい女の子。普通は“推しの自分しか知らないプライベート”と脳内お花畑にでもなりそうですが、僕は正直めんどうくさいな……と思ってしまったんす」

 何より耐えられなかったのは、推し活に制限がかかってしまったことだという。

「彼女はグラドルだから(ライバルでもある)他の子の撮影会には行って欲しくない、ならば理解できます。でも“ライブもダメ”で“他の子のDVDも写真集も買っちゃダメ”、“SNSも見ちゃダメ、フォローもダメ”と無理やり約束させられて、“え、そこまでする?”って引いちゃって」

 さらにはAさんと交際中は、彼女の撮影会やイベントがあるときはすべて参加し、なにもない日はデートするという「暗黙のルール」がいつのまにかできていたそうだ。

「撮影会もたまになら構わないけど、毎回参加するっていうのはちょっと……。そもそも付き合う前からすべて参加していたわけではなかったので。彼女も僕のこと(彼氏の存在)を匂わせるような発言をする。ほかのファンから『2人は繋がってるの?』と聞かれたこともあって気まずかった」

◆彼女にとっては、他の子のライブや撮影会に行くこと=浮気

 しんどくなってしまった慎一郎さんは、彼女に「たまには他の現場にも行きたい」と告げる。その結果、修羅場に……。

「僕にとって現場に行く=趣味なんですが、彼女からしたら“浮気”らしく。話し合っても一方通行すぎたので諦めました」

 そして慎一郎さんは彼女に内緒で裏アカウントをつくり、こっそり推し活をしていたが、2ヶ月ほどでバレてしまう。

「たまたま行ったライブにAのファンがいたらしく告げ口されてました(笑)。泣きわめきながら『もう2度とほかの子の現場にいかないで!』とお願いされましたが、『僕には約束できない』と正直に告げました」

 Aさんからすぐに別れを切り出されることもなかったそうだが、ギクシャクした雰囲気が解消されることはなく自然消滅。だが、慎一郎さんは「別れられてよかった」と当時を振り返る。

◆推しと「別れられてよかった」理由

「僕は純粋なDD(誰でも大好きの略。1人だけを推すのではなく複数のアイドルを推すこと)なんです(苦笑)。推しだった彼女と付き合えてオタクからしたら本当にありがたいことなのはわかっているんですが、それよりもいろんなアイドルの現場に行くほうが楽しかったから」

 また、Aさんと交際したことで“アイドルも人間だ”ということがわかり、“誰か一人に絞って推すのはやめよう”と心に誓ったそうだ。

「僕がDDではなくて彼女だけを推していたら幸せだったのかもしれませんけどね。推しと付き合えた喜びよりも推し活が自由にできないストレスのほうが大きかった。僕は推しが頑張ってアイドル活動をしているところを見ているだけがいい。プライベートにはまったく関心がありません」

 ずいぶん贅沢な話にも思えるが、それも「推しと交際」したからこそ言えることだ。ほとんどの人にとっては夢であるに違いない。

<取材・文/吉沢さりぃ>

【吉沢さりぃ】
ライター兼底辺グラドルの二足のわらじ。著書に『最底辺グラドルの胸のうち』(イースト・プレス)、『現役底辺グラドルが暴露する グラビアアイドルのぶっちゃけ話』、『現役グラドルがカラダを張って体験してきました』(ともに彩図社)などがある。趣味は飲酒、箱根駅伝、少女漫画。『bizSPA!フレッシュ』『BLOGOS』などでも執筆。Twitter:@sally_y0720

関連リンク

  • 10/5 15:54
  • 日刊SPA!

今、あなたにおすすめ

この記事のみんなのコメント

9
  • ***

    10/24 8:01

    まともに付き合うから悪いな!体目当てで飽きたら廃棄処分やろ普通は!

  • グレイス

    10/23 16:53

    そのAちゃんもなあ。アイドルがファンの一人に告白して付き合いだすとか。なんかなあ。うまく表現出来ないけど。

  • そのA子ちゃん 一人にすればええやん

記事の無断転載を禁じます