「小川彩佳クビ」TBS『news23』打ち切り話のウラに「元カレ」嵐・櫻井翔!「気持ち悪い!!」と吐き捨てた相手に「存続不可能惨敗」!!

拡大画像を見る

 TBSの報道番組『news23』が2023年3月をもって終了する可能性があると、10月4日配信の『東スポWeb』が報じた。

 記事によると、メインキャスターの小川彩佳(37)の卒業は以前から内定していたものの、番組自体を終了させて新たな報道番組の開始を検討しているという。

『news23』については、キャスターを務める国山ハセンアナウンサー(31)が9月30日の生放送で、年内いっぱいでTBSを退社すること発表するなど“不穏な動き”もみられた。

※画像は国山ハセンアナの公式ツイッター『@hasenkuniyama』より

『東スポWeb』によると、小川の卒業は既定路線で、当初は今年10月の改編期を予定していたという。しかし7月の参院選、そして安倍晋三元首相(享年67)の銃撃事件の対応に追われ、続投することになったようだ。

 日本を代表するジャーナリストである筑紫哲也氏(享年73)をメインキャスターに迎え、1989年10月にスタートした『news23』(当時は『筑紫哲也 NEWS23』)は「報道のTBS」の顔とも言える番組だ。しかし、ここ数年の視聴率は低空飛行が続いていたこともあり、たびたびリニューアルや打ち切り話が報じられていた。

「昨年8月末にハセンアナが加入したほか、オープニングに人気アニメーション監督の新海誠氏(49)を起用し、テーマ曲も変更。番組のTikTokアカウントを立ち上げるなどZ世代を意識した大幅リニューアルを敢行しましたが、それも奏功しなかったということではないでしょうか」(制作会社関係者)

 10月3日の世帯視聴率も4.3%(すべてビデオリサーチ調べ、関東地区)と、やはり高くない数字だった。

「同時間帯の『news zero』(日本テレビ系)は世帯8.2%でしたからね。そして今、テレビ各局で最重要視されている13歳から49歳までのコア視聴率がさらに厳しいんです。その前週、9月26日月曜日の『news23』のコア視聴率は1.0%。一方の『news zero』は4.9%です。『news23』は『news zero』の5分の1ほどしか数字を取れていないんです。

 そして『news zero』は、月曜の世帯視聴率とコア視聴率が他の曜日に比べても高いんです。それは小川さんの“元カレ”である嵐の櫻井翔さん(40)が出ているからですよね」(前出の制作会社関係者)

 日頃から『news zero』を見ている視聴者に加え、嵐ファンやジャニーズファンも月曜は「櫻井くんが出ているから」という理由で『news zero』を見るという。

「日テレ内部には、近い将来、本気で櫻井さんに『news zero』のメインキャスターになってもらい、全曜日を担当してほしいという願望があるそうです。

 番組は好調ですから、有働由美子さん(53)を切ることは現実的ではありませんが、3年後や5年後、両者の了解が得られれば、“櫻井翔の『news zero』”となる可能性は十分にあると言われています」(前同)

 櫻井は日本テレビやNHKのオリンピックスペシャルキャスターを歴任。その安定感は抜群で、キャスターを務めている彼をアイドルとして見る視聴者は、今やほぼいないと言ってもいいだろう。

 一方、2017年に櫻井との交際が報じられた小川は『news23』からの卒業が内定していると報じられ、キャスター人生の危機に直面していると言えそうだ。

 2018年8月には『週刊文春』(文藝春秋)が櫻井と小川の破局、櫻井の新恋人の存在についてスクープ。その新恋人が当時21歳の女子大生だったとも報じられた。当時37歳の櫻井が、かなり年下の女子大生と交際しているという報道に、小川は「気持ち悪い!」と吐き捨てたとされる。

「その櫻井さんに“完敗”“大惨敗”ということですよね。ただ、もちろん小川さんだけが悪いわけではないでしょう。前任の雨宮塔子さん(51)の時代から数字は低迷していて、TBSは番組を何とか盛り返そうと試行錯誤を繰り返していましたからね。

 ただ、歴史のある番組で制作陣にはベテランスタッフや重鎮も残っているなど、筑紫さん時代の遺産が悪い意味で残り過ぎているという指摘もありました。しかし、小川さんが視聴率を改善できなかったというのもまた事実。報道通り、彼女が『news23』を卒業するのであれば、その後にどんな仕事をしていくのか、気になるところです」(前出の制作会社関係者)

 小川の卒業とともに『news23』はその歴史に幕を閉じることになるのだろうか――。

関連リンク

  • 10/5 7:05
  • 日刊大衆

今、あなたにおすすめ

記事の無断転載を禁じます