衝撃発覚!あの紅白歌手に楽曲を提供した「薬物作曲家」の逮捕劇

拡大画像を見る

 9月下旬、自称ラッパーの集団暴行が明るみになったかと思えば、動画投稿アプリで「1000万回再生」を誇るミュージシャンが脅迫容疑で御用──。

 そんな不祥事が相次ぐ音楽業界で、一人の大物作曲家が薬物逮捕されていたとスクープしたのは、発売中の「週刊アサヒ芸能」(10月13日号)だ。

「摘発の舞台は新宿・歌舞伎町にある24時間営業のサウナ施設。そのテの業界では男性同士の社交場、いわゆるハッテン場として認知されています。そこから出てきた挙動不審の男に警察官が職務質問し、所持品検査したところ、財布から『ブツ』が出てきたため、そのまま逮捕に至りました」

 捜査関係者が明かすのは、6月27日に展開された大捕り物だ。暴行や春を売る行為などが横行する歌舞伎町では、街中の検挙などは日常茶飯事かもしれない。

 しかし、今回の事件が特殊だったのは、逮捕されたAが、芸能界の第一線で活躍するミュージシャンだった点だ。

 このAについては、解説が必要だろう。

 00年代に歌手デビューしたAはその後、ドラマの主題歌や劇中歌を担当。その一方、作曲家として、木村カエラや佐々木希、渡辺美里、上白石萌音ら女性アーティストに楽曲を提供してきた。

 芸能記者が解説する。

「Aが提供した曲には、CMソングとなってミリオンヒットしたものもあります。あるいは、昨年末にNHK紅白出場を果たした上白石の歌唱力は業界でも折り紙付きで、Aもよほど気に入っていたのでしょう。AのSNSを見ると、何事もなかったかのように、上白石の写真やCDジャケットがアップされたまま。Aが上白石に提供した曲は人気番組のテーマソングに起用されたので、大半の人は聴き覚えがあるのでは」

 Aと上白石のタッグで世に送り出した曲は、今なお音楽配信サイトやレコード会社のYouTube公式チャンネルなどで聴くことができる。

「週刊アサヒ芸能」では、Aの犯行を詳報しているので、ぜひチェックしてみてほしい。 

関連リンク

  • 10/4 17:58
  • アサ芸プラス

今、あなたにおすすめ

この記事のみんなのコメント

3
  • 名前出せないのは、でっち上げ記事だからです。すでに検挙されている人ならば、アサ芸あたりが気を遣って名前を伏せるはずがありません。根拠の無いようなことでも名前を出して報道しちゃうような三流週刊誌ですからね(笑)

  • ハングル

    10/6 10:43

    本当に誰なの? 名前でないのは何故?

記事の無断転載を禁じます