神々が集まる「神在月」は島根観光がオススメ!かまいたちの音声ガイドアプリで楽しく探索

拡大画像を見る

旧暦の10月は一般的に「神無月」と呼ばれますが、島根県では日本中の神様が出雲に集まることから「神在月」とされています。人気お笑いコンビの「かまいたち」が出雲大社とその周辺エリアを案内する「音声ガイドアプリ」が誕生し、探索のお供として便利な機能が使えると話題になっています。

今年の神在月の主要な行事は、11月3日(木・祝)の神迎神事から11月10日(木)まで。「音声ガイドアプリ」は、かまいたちの軽妙な掛け合いを通して、出雲大社の歴史や物語をわかりやすく理解できます。さらに、出雲市内のお土産ショップや道の駅などの施設、30店舗で利用できるお得なデジタルクーポン付きで、お得に出雲エリアを楽しむことができます。

販売期間は2023年3月31日までで、料金は500円(アプリ内課金の場合は610円)。購入場所は出雲大社周辺の対象店舗、出雲観光ガイドの専用サイト、音声ガイドアプリPokkeです。

URL:https://jp.pokke.in/izumooyashiro-guide/

また、今回は出雲エリアの宿泊施設や大ブームのサウナが楽しめるお薦めスポットを紹介します。

星野リゾートが展開する温泉旅館ブランド「界」が11月にオープン予定。玉造温泉に位置する「界 玉造」と泉質の異なる湯めぐり旅を楽しめるほか、地域の歴史文化に触れる「ご当地部屋」が用意されています。

URL:https://hoshinoresorts.com/ja/hotels/kaiizumo/

7月にグランドオープンしたグランピングリゾート「グランピングベースIZUMO」は、ラグジュアリーな大型ドーム型のテントを設置。室内はブルーと白を基調としたインテリアを備え、併設のテラスでは山陰の海の幸、山の幸を堪能することができます。

住所:島根県出雲市湖陵町二部1230

URL:https://kunibiki.com/glanping/

昨今のサウナブームを受けて、島根にも続々と注目のサウナ施設が誕生。大田市は「時津風」は、サウナだけでなくカフェ&バーとショップ&ギャラリーも併設された話題のスポット。サウナは石州瓦を使ったサウナストーンや天然温泉のロウリュなどを味わうことができ、石見地方の文化を感じることができます。

営業日:金、土、日(完全予約制)

住所:島根県大田市温泉津町温泉津ロ23

URL:https://tokitsukaze.satoyamainstall.com/index.html

「Sauna Park Camp Morinosu」は、キャンプサイトに登場したプライベートサウナ。ロウリュを楽しむことができるフィンランド式サウナと、森の中にたたずむキュービックサウナの2種類から、好みに合わせて選べます。体を温めた後は近くの川でリラックスできるのも、キャンプサイトならではの楽しみ方です。

住所:島根県飯石郡飯南町小田

URL:https://morinosusauna.com/

日本三大美肌の湯としても知られる「斐乃上温泉」では、1日1組限定の「斐乃上温泉 斐乃上荘」に大注目。本格的なロウリュが楽しめるテントサウナが今年7月に新設され。1日1組限定でプライベートサウナと地元食材を使ったバーベキュー、温泉水を使用した水風呂をセットで楽しめます。

住所:島根県仁多郡奥出雲町竹崎488-1

URL:http://www.hinokami.jp/

昨年12月にオープンした「サウナリゾートオリエンタル出雲~神楽の湯~」では、女性用はIKIストーブセルフロウリュ、男性用はフィンランド式のスモークサウナのいかずちオートロウリュを用意。男女ともに水風呂完備で、週末にはアウフグースサービスも実施されています。

住所:島根県出雲市今市町208

URL:https://www.centurion-hotel.com/izumo/facilities/

神々が集まる「神在月」に出雲の歴史や名所に触れ、疲れた身体をサウナや温泉で癒すという贅沢な旅を計画するのもいいかもしれませんね。

さらに、読書の秋、芸術の秋にぴったりのスポットも。幼い頃を島根県津和野町で過ごした明治の文豪・森鴎外の墨跡を知る「森鴎外記念館」では、鴎外の生誕160年、没100年をした記念した「鴎外~その墨跡、遺愛の品々~鴎外没100年特別展示」を開催しています。

住所:島根県鹿足郡津和野町町田イ238

会期:令和4年9月13日~令和5年4月9日

URL:https://www.town.tsuwano.lg.jp/shisetsu/ougai.html

島根県立美術館では、10月24日まで「祈りの仏像 出雲の地より」と題する再開館記念展を開催。古代から中世に至る出雲国600年の仏像史をたどるだけでなく、出雲国の仏像が一挙に集う展覧会となっており、寄席やワークショップなど関連イベントも多数予定されています。

住所:島根県松江市袖師町1-5

会期:9月16日~ 10月24日

URL:https://www.shimane-art-museum.jp/exhibition/000282.html

また、島根県西部石見地域の伝統芸能「石見神楽」は、賑やかなお囃子の中で豪華絢爛な衣裳を身にまとい演舞するのが特徴で、毎年9月から11月までの3か月間に最も多く上演されます。東京でのPR第一弾として10月1日・2日に日比谷しまね館で“石見の神楽在月”のイベントが開かれるなど身近に触れる機会がもうけられており、今後もイベント情報に注目です。

  • 10/4 16:19
  • マガジンサミット

今、あなたにおすすめ

記事の無断転載を禁じます