ひろゆきさん「座り込み抗議が誰も居なかったので、0日にした方がよくない?」沖縄・辺野古での画像ツイートが物議

拡大画像を見る

10月3日の18時、2ちゃんねる創設者・ひろゆきこと西村博之さんがTwitterにて

座り込み抗議が誰も居なかったので、0日にした方がよくない?

とツイート。沖縄県の辺野古と思われる場所で、

新基地断念まで
座り込み抗議
不屈3011日

とある立て看板の画像と、その横で満面の笑顔でピースサインをしている画像をアップした。ツイートは大きな反響を呼び、物議を醸す。翌4日お昼の時点で20万を超える「いいね」を集めていたようである。
「沖大学生自治会」(@okidaijichikai)のアカウントは、ひろゆきさんのツイートを引用し
「辺野古の座り込み行動は、工事のための車両が来る9時、12時、15時に合わせて行われます。なので、次の日も座り込みをするために、夕暮れごろには誰もいないということはよくあります。辺野古のことを真面目に考え、報道する姿勢がある人なら、こんな無責任な発言はできません。」
とツイートを行う。ひろゆきさんはそれに対し

「9時、12時、15時しか居ません」と書いてくれないと、わからないですよ。
誤解する人が増えないように、書き足しておいて貰ってもいいですか?

と返答を行っていた。
また、「マル学同(中核派)沖大支部」(@ok_MSL)のアカウントは、ひろゆきさんの冒頭のツイートを引用し

印象操作やミスリーディングの範疇を超えた悪質なデマ

とツイート。「沖大学生自治会」のアカウントはそれをリツイートしていたようである。

※画像は『Twitter』より

関連リンク

  • 10/4 13:15
  • ガジェット通信

今、あなたにおすすめ

記事の無断転載を禁じます