【難読】なんて読む!? 「欺瞞」の正しい読み方

拡大画像を見る

本や資料で見かけることがあるけれど、正しい読み方や意味が分からずスルーしてしまっている言葉ってありませんか?

社会人として、知らないまま恥をかくような場面には遭遇したくないですよね。

今回考えるのは「欺瞞」の読み方です。

なにこれ? と思った方は、ぜひ答えをチェックしてみてくださいね。

■「欺瞞」の読み方は?

「欺」は詐欺と読むので “ぎ”という読み方は知っている人もいますよね。しかし、「瞞」という漢字は初めて見たという人も多いかもしれません。

さて、二つを合わせてなんと読むのでしょうか。

気になる読み方の正解ですが……。これ、実は“ぎまん”と読みます。

■「欺瞞」の意味と使い方

『デジタル大辞泉』によれば、「欺瞞」の意味は以下のように解説されています。

ぎ‐まん【欺×瞞】

[名](スル)あざむくこと。だますこと。「―に満ちた言動」「国民を―する」

読み方は難しいですが、“ぎまん”と読むんですね。

ちょっとした嘘や冗談ではなく、相手に重大な損失を与えたり、損失を隠したりといった、明確な意図を持って相手をあざむく状態を表します。

■読めない漢字はきっとまだまだたくさん

あなたは「欺瞞」を正しく読むことはできましたか?

きっと世の中には、あなたが知らない言葉、漢字がまだまだたくさんあります。実は、「欺」も「瞞」も両方ともあざむく、だますという意味合いの漢字になります。同じ意味を持つ漢字を合わせて強調しているので、軽い冗談や嘘には使わないんですね。

普段の会話で使うことはなくても、新聞やニュースに登場する機会はある言葉です。なんとなく読んでいた、意味がよく分からず聞いていた、なんて人はこれから気にしてみてくださいね。

(ななしまもえ)

◆Check!

<<これまでの難読漢字はこちら

関連リンク

  • 10/4 11:10
  • マイナビウーマン

今、あなたにおすすめ

記事の無断転載を禁じます