TOKIO松岡昌宏と“両想い”発覚のフジ・宮司愛海アナ「俺、宮司好きだぁ」と松兄メロメロ!宮司アナも「優しくて感動」にファン騒然!

拡大画像を見る

 9月28日放送の『TOKIOカケル』(フジテレビ系)は、TOKIOとゲストの山本舞香(24)、普段スタジオでアシスタントとして出演している森三中の大島美幸(42)、ハリセンボンの近藤春菜(39)と箕輪はるか(42)、相席スタートの山崎ケイ(40)に、進行役として宮司愛海アナウンサー(31)が加わり、福岡への慰安旅行企画が行われた。

 最初に向かった太宰府天満宮では、体の悪い部分を撫でると病が治ると言われる御神牛を訪問。皆で頭や首、腰などをなでまわしていたが、最後に松岡昌宏(45)が「宮司さんは?」と、一歩引いたところで見ていた宮司アナにも声をかけるジェントルな対応を見せた。

 番組の中盤ではTOKIOメンバーが、それぞれ知り合いの芸能人からオススメされたイチ押し飲食店へ向かうことになったが、国分太一(48)には山崎とはるか、城島茂(51)には大島と春菜、そして松岡には山本と宮司アナが同行した。

 それぞれが福岡グルメに舌鼓をうち、お酒も入り上機嫌に盛り上がってる中、松岡たち一行は、松岡主演ドラマ『家政夫のミタゾノ』(テレビ朝日系)で共演し、松岡に心酔している妹分の山本が松岡との仲良しエピソードを披露。

 松岡を「アニキ」と呼び、うれしそうに話す山本を笑顔で聞いていた宮司アナは、「松岡さんに救われてる方いっぱいいるんでしょうね」とコメント。松岡は「いやいや!」と謙遜したが、宮司アナは「普通、アナウンサーに“じゃあ、やんなよ”って振ってくれる方いないですもん」「御神牛触るとか、お参りするとか」と、この日のロケで自分にも共演者同様の扱いをしてくれた松岡の気遣いがうれしかったと告白。

 松岡は「そりゃ女性だからだよ。女性でかわいいからだよ」「じゃないとやんないよ、俺だって」と照れ隠しをしたが、宮司アナは「いや、なんて優しいんだろうって。感動しちゃったんですよ」としみじみ。山本から「惚れてますよ」と茶化されると、松岡も満更でもなさそうな様子だった。

 その後、国分が松岡らとの食事会の感想を宮司アナに尋ねると、宮司アナは松岡と山本の仲のいい様子から「いつも通りの空気に馴染めるかというのが課題だったんですけど、めちゃめちゃもうウェルカムで」「もう10年ぐらい知り合いなのかな? ぐらいの」と楽しかった雰囲気を説明。これを聞いた国分が「宮司さん知らないかもしれないけど、松岡、太宰府天満宮の楽屋で……」と意味深な言い回しで話し始めると、松岡は「おまえ、バカだろ!」と大慌て。

 松岡は国分の頭をはたき、「おまえ、ふざけんなよ」とうろたえたが、国分は、松岡がロケの休憩中に「俺、宮司好きだぁ」と呟いていたことを暴露。松岡は「いや、テレビ見てて、なんて爽やかな女性なんだろうと」と弁解したが、国分はさらに「スポーツ見てんのもスポーツが見たいじゃなくて宮司見たいんだよ」と、松岡が宮司アナ目当てでスポーツ番組を見ていたと明かし、松岡をうろたえさせた。

 思わぬところで宮司アナへの好意を暴露されてしまった松岡だが、普段から男前な性格や気の利いた心配りで山本や宮司アナ以外にも、男女問わずモテモテ。番組ではゲストの女性に「メンバーで誰が好き?」という質問をするのが恒例となっていた時期もあったが、そこでも半数以上が松岡と答えていた。

 松岡はサプライズ演出も好きなようで、過去に松岡と共演した佐々木希(34)や剛力彩芽(30)は誕生日にサプライズでプレゼントをもらったことを明かしている。また、松岡と20年以上のつきあいでもある“親友”の米倉涼子は、松岡を「理想のタイプ」と明かし、「早く私の旦那になれ」と迫ったこともあった。

 今回、国分の思わぬ暴露から松岡と“両想い”だった宮司アナ。山本にからかわれた松岡は「恋は涙の幕開けだから」と言い放って、宮司アナを笑わせていたが、そんな照れやなところも女性にはたまらないのかもしれない。

関連リンク

  • 10/4 7:30
  • 日刊大衆

今、あなたにおすすめ

記事の無断転載を禁じます