『イッテQ』イモトアヤコが旅番組「ブチギレ降板」のヒロシ化!?やらせ指摘に「上は現場を知らない!!」激怒で「紛糾事態は3度目」の超不穏!

拡大画像を見る

 10月2日放送の『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)は、鹿児島県・岐阜県・福井県・愛知県の4県を舞台に「カレンダープロジェクト」を放送。イモトアヤコ(36)が果敢なロケに挑んだが、いつも以上にスタッフへの不満の声が目立っていたという。

「今回の企画は4県でそれぞれ絶景を撮影して、そこから1枚を選ぶ、というものでしたがイモトさんがいつも以上にロケ内容に文句を言う場面が目立ったんです。1つ目は、鹿児島県の錦江湾で大量発生するタコクラゲについてですね」(テレビ誌ライター)

 海に潜ったイモトは1万匹以上の大量のタコクラゲの大群と幻想的な写真を撮ったのだが、潜っていたところ急に顔を上げ「刺された気がする! 唇がヒリヒリしてきた!」とスタッフに助けを求めるも、本気で受け止めてもらえない。

 実のところ、スタッフが本気にしなかったのは「タコクラゲは毒性が弱く痛みを感じることはほぼない」という理由があったから。「あたしが刺されましたって言ってるのに、なんで信じてくれないの!」と嘆くイモトに、「盛り上げたい気持ちは分かるが、多分ドーピング」とナレーションに指摘されたうえ、実際は刺されていないことも確認され、終始イモトが「やらせ」をしたかのような演出をされてしまったのだ。

 スタジオでもイモトが「出川さんならわかってくれるはずです」とすがるも、出川哲朗(58)に「いやー、これは逮捕かな?」と返されてしまっていた。

「『イッテQ』は、2018年に存在しないお祭りをでっちあげたやらせ疑惑が報じられ、後に日テレが認めて謝罪する騒動があったので、ちょっとでも“やらせ”に見えかねない演出は気を遣っていたのかもしれませんが、少しイモトさんが気の毒な感じも……。

 ただ、それ以上に岐阜県のロケでの発言には、日テレサイドも肝を冷やしたかもしれません」(前同)

 岐阜で行なったのは「火ぶり漁」。毎年9月に産卵のため川に下る鮎を、火が先っぽについた釣り竿のような道具を使って網に追い込む伝統的な漁法である。

 今回は地元の火ぶり隊と一緒に「火でQの字を描いた写真を撮る」チャレンジだったのだが、タイミングがバラバラのため思うような写真は撮れない。全員がそろうまで20テイク以上挑戦するも、撮影チームからOKが出なかったのだ。

「タイミングなんだよなぁしょうがない」「とりあえず火が尽きるまでやる?」

 と軽く話しているスタッフたちに、イモトは「これ絶対難しいよ!」「上(撮影チーム)との温度差がすごいんだよ!」「上は知らないから現場を! 入って振ってみなさいよ!!」と激怒したのだ。のちに、我に返って撮影されていることに気付き、「不機嫌な顔でずっとこうやってるんだけど大丈夫かな」とも話していた。

「9月29日、芸人のヒロシさん(50)がアポなし旅番組『迷宮グルメ 異郷の駅前食堂』(BS朝日)の降板に関して、“過酷な海外ロケを共にしてくれた現場のスタッフは戦友です。現場のスタッフはね。観てくださった方々、ありがとうございました”と、明らかに上層部との確執を感じさせるツイートをしていたばかりですからね……。

 イモトさんが言っていた“上”は、カメラスタッフのことではありましたが、半分は企画を考えた上層部に対する不満なんじゃないか……とも十二分に考えられる。『イッテQ』は本当に過酷な番組だけに、ヒロシさんの件は他人ごとではないと思いますよ」(前出のテレビ誌ライター)

 その後、愛知県では伝統工芸のからくり人形を楽しんだり、日本一のドッジボールチームとの対決をしたりつつがなく進んだが、ラストに訪れた岐阜県の地底湖撮影は、理不尽な終わり方をしてしまったという。

「『情熱大陸』(TBS系)にも出演したことがある洞窟探検家の吉田勝次さんと“マリンブルーの地底湖”を訪れる企画でした。曲がりくねった煙突ほどの幅しかない非常に狭い道や、冷蔵庫でキンキンに冷やした飲み物に相当する水が溜まった5mの道など、非常にハードなロケ。

 そのぶん拝める地底湖は非常に美しかったんですが、いつもの無茶ぶりでイモトさんはスクール水着1枚で12℃の冷たい湖に入って、悲鳴を上げながらも記念写真を撮影しました。

 ところが、この苦労が水泡に帰したんです」(前同)

『イッテQ』サイドが「タコクラゲ」「火ふり漁」「地底湖」の3枚の写真から選んだのは、よりによって一番最初のロケで、苦労も少なかったタコクラゲの写真だったのだ。

 これにはスタジオからも「えー!?」と納得のいかない声が上がり、出川の「なんでよりによってクラゲ!?」という問いに「そうですよね。 一番苦労した地底湖が良かったんですけどね」と不服そうにイモトも答えていた。

「イモトさんはこれまでも、『イッテQ』放送開始時は若手で実質『イッテQ』専属タレント状態だったこともあり“チーターと並走”とか、途中で中止になりましたが“エベレスト登頂”“南極大陸最高峰に登頂”と、レギュラー陣では回数的にも内容的にも、最大級に過酷なロケに挑んできました。

 しかも、産休・育休を経て、彼女のなかでも多少なりとも心境の変化もあるでしょう。あまりに理不尽なことが続けば、不満がたまって爆発してしまうかもしれないし、せめてカレンダーの写真はイモトさん自身に選ばせるべきだった気も……。公式SNSにすら掲載されていないのは、ちょっと気の毒ですね」(前同)

 イモトにとって、いろいろとモヤモヤが残る形に終わってしまったカレンダーロケ。今後に禍根を残さないことを願うばかりだ。

関連リンク

  • 10/4 7:05
  • 日刊大衆

今、あなたにおすすめ

この記事のみんなのコメント

1
  • TAMAちやん

    10/5 9:33

    今じゃオーバーリアクションもヤラセ扱いなんですね。TVがつまらなくなるはずですね。スタッフに対する文句も言える環境にある訳だし、その文句も本当に世間に隠したいなら放送でカットされる訳なんだから放送される部分を真に受ける方がおかしいと思う。

記事の無断転載を禁じます