三遊亭円楽の死去で「笑点」打ち切り!?「代役の若手メンバーで盛り上げ」こそが供養になる

拡大画像を見る

 最後まで復帰への意欲をみせていたが、ついに帰らぬ人となってしまった六代目三遊亭円楽さん(享年72)。肺がんや脳腫瘍と闘い、この1月には脳梗塞を発症。治療・リハビリのため、レギュラー出演していた演芸バラエティー番組「笑点」(日本テレビ)をはじめ、活動を休んでいた。高座へは8月に復帰をしたものの、間もなく肺炎を起こして入院。肺炎は軽快したが、肺がん治療を再開したところ、その矢先の9月30日に亡くなってしまったという。

「笑点」メンバーの三遊亭好楽は円楽の自宅へ弔問に訪れ、弟子の伊集院光や立川志らく、「笑点」メンバーの林家たい平らは追悼コメントを発表。人気・実力ともに高かった円楽さんだけに、落語ファンも大きなショックを受けている。演芸関係者は、

「高座へ足を運ぶほどではなくても、『笑点』を毎週、楽しんで見ているファンは多い。円楽さんが亡くなったことで、『笑点』の打ち切りを心配する声が出ています。円楽さんの代役を桂文珍や春風亭小朝、立川志らくらが務めてきましたが、このところ視聴率は芳しくなく、円楽さんが抜けてしまった穴は大きい、と制作陣は実感していますから…」

 もはや「笑点」ぐらいしかテレビを見る楽しみがない、という高齢者もいる。「笑点」打ち切りは酷だ。落語家にとっても、「笑点」出演には大きなメリットがある。特に円楽さんに代わって「笑点」に出演した若手にとっては知名度アップになり、いい経験にもなっただろう。演芸ライターが先の展望を語る。

「視聴者の年齢層を考えると、もともと知名度の高い、見慣れた落語家の方が視聴率アップにつながりやすいでしょう。でも、それではいつまでたっても、新しい人が世に出ていきにくい。桂宮治がレギュラーになったことで広く人気を獲得し、『笑点』の雰囲気を明るくしたように、新しい風を吹かせてくれる人に期待したいですね。長い目で見れば、その方がいい。先日、代役を務めた春風亭一之輔なんて、面白いし顔もいいし、宮治より1歳若いし、いいんじゃないかと思いますね」

 新メンバーによる「笑点」でこれまで以上に面白くすることこそが、円楽さんの供養にもなるはずだ。

関連リンク

  • 10/3 17:58
  • アサ芸プラス

今、あなたにおすすめ

この記事のみんなのコメント

5
  • トリトン

    10/16 13:20

    ⇩同感ですね。でも前半は色々な漫才師やお笑い芸人が出るからそれだけでも良いかもね。大喜利は人材を育成しないといけないかもね林家とか何週か休ませて無理させないようにしないとバタバタメンバーがいなくなると大変ですよね。

  • 番組にこだわりを持つ日テレですから、人気と歴史のある『笑点』をなくすことはないかな?・・・とは思います。同じく、様々な問題が囁かれている24時間テレビなんかも続けてますからね。ただ、人材の乏しい点が難点ですね。新メンバーが誰になるかはわかりませんが、現メンバーも高齢者ばかりです。今年から入った桂宮治さんが45歳ですが、他に良い後継者がいなければ衰退してしまうかもしれませんね。

  • トリトン

    10/5 15:56

    笑点はわりと前よりは面白くないけどまだまだ良い方かな、日本テレビ後は個人的には映画以外アニメもないしドラマも今のところつまらんからね出川の充電って日本テレビだったかな?(個人的には)つまらんがまぁ地方の景色好きなら良いだろうけど。残ってほしいねでも若手ほぼいないね低レベルの話し手しか育てることもしないとね。

記事の無断転載を禁じます