TOKIO松岡昌宏が急速「老人化」!!キンプリ岸優太&SixTONES森本慎太郎と「噛み合わない音楽」、「ミッチー」ジェネレーションギャップも…『鉄腕DASH』の“進化”についていけない!?

拡大画像を見る

 10月2日放送の『ザ!鉄腕!DASH!!』(日本テレビ系)ではDASH恒例となる米作り企画を放送。そこでTOKIOの松岡昌宏(45)が後輩であるKing&Princeの岸優太(27)とSixTONESの森本慎太郎(25)に対して、痛烈な「かみ合わなさ」を見せてしまったという。

「1つ目の森本さんと2人きりの、7月上旬のVTRでは、エビ殻を利用した手作り肥料を霧吹きで稲に噴射していく作業の様子が紹介されたんですが、ここで高めの場所から霧吹きすれば風に舞って効率的に散布できる、という話題のところで、森本さんは松岡さんの発言のリアクションに失敗してしまったんです」(女性誌ライター)

 松岡の「風に乗ってくれれば」という発言に森本は「猿岩石ですね?」と即答。若手時代の有吉弘行(48)が歌っていたことでおなじみの96年の『白い雲のように』をノリノリで歌い上げたのだが、「あっ、そっちね。それだったら『風になって』を歌ってほしかったな」と松岡は微妙な反応。

 しかも、この問いかけに森本は「『風になって』ですか?」「どんな歌ですか?」と返してしまったのだ。「えーとね……」と松岡が苦笑しながらサビを歌ったことで森本は「あ!」と気付いたが、時すでに遅しだった。

■TOKIOの曲を知らない森本にガッカリ

「『風になって』は、TOKIOが95年に発売した7thシングルの曲です。TOKIOの歌ではややマイナーな部類ではありますが、96年の猿岩石を知っていたのだからあるいは……と考えたのではないでしょうか。

『DASH』の中ではわざわざ“森本が97年生まれで『風になって』は95年発売”という補足テロップもつけていたので、改めて世代の違いが強調されてしまいました」(前同)

 そこから時がたち、8月中旬のVTRが紹介。こちらでは2021年に300株もの稲がイノシシの被害に遭ったことを受けて強力な「ししおどし」を複数作る作業が紹介されたが、こちらでは岸が松岡との嚙み合わなさを見せてしまった。

 最初こそ「俺(細かい原理は)知らないもん」「俺は横で見てあーだこーだ言ってるだけ」と岸をししおどし担当に任命した松岡だったが、「軸が大事だぞ。軸を間違えると傾かなくなる」「これじゃ(片側が)重すぎる」と年季の入った適切なアドバイスをかける。

■岸の天然ぶりに松岡が苦労

 アドバイス自体はよかったのだが、

「ししおどしなんてな……」とその後、Mr.Childrenの『シーソーゲーム 〜勇敢な恋の歌〜』の歌詞にちなんだジョークを松岡が岸に送ったところ、「ミスチルですか、歌詞は!」と気付いてくれたものの、

「なんでそうなったのか分からないですけど」

 と岸は微妙なリアクション。

「いや……(ししおどしの動きが)シーソーだから」

 と説明したことで「あ~そういうことですか! うまいっすね!」と納得してくれたものの、「それ言わないと分かんねぇか」と、松岡はどこかやりづらそうにしていた。

 ちなみに、岸はかなりの天然キャラで知られているが、出演した21年6月放送の『ホンマでっか!?TV』(フジテレビ系)の時期まで「シーソー」と「シーカヤック」を取り違えており、

「えっ、シーソーって海にあるやつですよね?」「(公園にあるシーソーは)“フラフラ”つってましたかね」

 とトンデモ発言をしていたこともある。今回の『DASH』のやり取りでそれを思い出した視聴者も多いことだろう。

■ジェネレーションギャップに苦しむ松岡

「現在の『DASH』は森本さんや岸さん、Aぇ!groupの草間リチャード敬太さん(26)を主戦力に、たまになにわ男子が登場したりと、続々増える若手ジャニーズをTOKIOが後継者として育成する方針にシフトチェンジしつつあります。

 今回の岸さんや森本さんとのやりづらそうな様子を見るに、こうした流れに松岡さんは微妙についていけていない部分があるのかもしれません。最近の別企画でも、松岡さんはジェネレーションギャップに苦しんでいましたからね」(前同)

 9月11日のロケ企画『グリル厄介』に松岡、森本、リチャードの3人が挑戦した際、松岡は水路に泳ぐ魚の名前“オイカワ”について、

「あれ、ミッチーがいっぱいいたのにどこ行った?」

 と俳優で歌手でもある及川光博(“オイカワ”みつひろ/52)のニックネーム「ミッチー」にちなんだギャグを披露したが、森本とリチャードは「ミッチー?」と意図が分からず困惑するばかり。「わかる? ミッチーといえば?」と松岡が続けるも、「なにわ男子?」とリチャードはなにわ男子の道枝駿佑(20)と勘違い。「ちげーよお前今のやつだなー!」と、松岡がジェネレーションギャップを感じる、という一コマがあったのだ。

 現在のTOKIOでは最年少ながら今年で45歳の松岡。20代ジャニーズの相手は、大変そうだ――。

関連リンク

  • 10/3 12:08
  • 日刊大衆

今、あなたにおすすめ

記事の無断転載を禁じます