「ごぼうの党」奥野卓志代表との「超親密関係」をバラされたくない有名人“筆頭”は「滝沢秀明ジャニーズ事務所副社長」!?ヒカルと「謝罪動画」&高岡蒼佑と「釈明動画」でも批判止まず!!

拡大画像を見る

 9月25日にさいたまスーパーアリーナで開催された格闘技イベント「超(スーパー)RIZIN」での、プロボクシング元世界5階級制覇王者フロイド・メイウェザー・ジュニア選手(45)へ渡す花束をリングへ投げ捨てた、「ごぼうの党」代表・奥野卓志氏への批判がまだまだ収まらない。

 9月30日、「RIZIN」は11月6日に行なわれる「LANDMARK 4 in NAGOYA」の追加対戦カード発表会見を行ない、榊原信行CEO(58)が登場。そこでなんと榊原氏は、メイウェザーに対して「お詫びしてもお詫びしきれない」として、「最大級のお詫び」と土下座をして謝罪したのだ。

「イベント後、榊原氏はアメリカに渡りメイウェザーに直接謝罪に行く計画を語り、さらに奥野代表に対しては、業務妨害、名誉毀損などに当たると見解を語って法的な手段に出ることを示唆していましたね。榊原氏は9月25日の大会後も奥野氏の行ないに対して、“品性下劣な男をリングにあげたことをこの場を借りてお詫びしたいと思います”と断罪するなど、一貫して厳しい態度を示しています」(夕刊紙記者)

 批判を受けるだけでは止まらない気配も出てきた奥野氏だが、騒動後すぐは、強気の態度を示していた。

「東京スポーツ、日刊ゲンダイの取材に対し、メイウェザーと確執があったことを明かし、メイウェザーサイドの拝金主義的な行為も許せなかったなどと話し、そしてRIZINの榊原へのキツい批判の言葉も語っていました。しかし、9月29日にアップされたYouTuberのヒカル(31)とのコラボ動画では一転して謝罪。

 ヒカルが“100%(奥野氏が)悪いと思ってる”と語ったのに促される形で、“あえてやった”“思うところはある”としながらも謝罪の言葉を述べました」(前同)

 奥野氏は、「神聖な場で、信頼をしていただいて私をあそこにセッティングしていただいた多くの関係者を含め、あの四角いリングで血が滲む思いをして頑張っているすべての方々に対して、私のあの行為を見て本当に残念に思われた方、すべての方々、関係者の方々に対して、私がやった行為があの場に適切ではなかったというふうに私も理解をしておりますので、そのことに関しては、まずこの場で謝罪をさせていただきたいと思います。申し訳ありませんでした」と語った。

「そして、メイウェザー選手と対戦相手の朝倉未来選手(30)への謝罪の言葉を述べていました。

 そんな奥野氏ですが、翌日、9月30日にごぼうの党の公式YouTubeチャンネルでアップされた動画は、“釈明動画”とし、謝罪ではなくなぜ“あえて”花束投げ捨て行為を行なったかの説明を語りました。奥野氏はなぜメイウェザー対朝倉戦で花束を渡す役割を担ったかの裏側を説明し、そして、メイウェザー選手に対して許せなかった思い、2018年の大晦日にあった対那須川天心選手戦の裏側を語ったんです」(同)

 ごぼうの党の公式YouTubeチャンネルにアップした“釈明動画”のなかで、2018年大晦日の那須川天心戦にメイウェザー選手が観光気分で来日したという内幕、当日、会場入りでの大遅刻と天心選手にバンテージの巻き直しを要求した件などを語った奥野氏。

「それは、10月1日にアップされた元俳優の高岡蒼佑(40)のYouTube動画でも語られましたね。

 ヒカルとの謝罪動画後、連日展開された釈明動画のコメント欄には、“今回の件に関する奥野さんの意図が伝わってきました”“奥野さんの熱い気持ち伝わってます””奥野氏を支援します”と理解、応援の声が上がっています。

 一方で、SNSには、“奥野さんを支持する人達の考えや気持ちも釈明動画見れば分かるけど、それでもあの場であのパフォーマンスは絶対に違うよね”“事情はどうあれやったことはご法度行為です。 事後にお話をしても周りからしたら後付の言い訳にしか聞こえませんよ””グラサンはずしてから弁明では?”などなど、厳しい声が多く寄せられています。

 また、ヒカルとの謝罪動画が記事になったYahooの記事は、コメントが殺到しすぎて閲覧不可能な状態にまでなっていますね」(前出の夕刊紙記者)

 奥野氏が謝罪と釈明動画を出したが、まだまだ鎮火しそうにないこの騒動。「奥野氏と関係のあった芸能人、有名人はこの件だけには関わりたくないと思っているでしょうね」と芸能プロ関係者は話す。

「2022年6月に党が立ち上がり、7月の参議院選挙に候補者を擁立したごぼうの党。残念ながら当選者を出すことはできませんでしたが、選挙戦中には山田孝之さん(38)、ONE OK ROCKのTakaさん(34)、GAKCTさん、山下智久さん(37)、ヒカルさんらがSNSで支持を示唆するなどの行動がありました。

 奥野氏は東京・銀座で超高級会員制バーを経営しており、そこで芸能人、著名人との深いつながりを構築していっていたといいます。ヒカルさんが一緒に謝罪動画をやったのもそうしたつながりからですよね。ただ、ヒカルさん以外の著名人は何も発言していませんよね。やはり、今回の件は、いくら親しくてもフォローのしようがない、というところなのではないでしょうか。

 そして、その会員制バーの常連客のひとりが、現ジャニーズ事務所副社長の滝沢秀明さん(40)だといいます」(前同)

 奥野氏とジャニーズ事務所滝沢副社長の親密関係――それを裏付けるように、奥野氏は参院選直後の7月14日にアップされたSNSの長文書き込みの中で、滝沢氏のことをこう綴っていたのだ。

<ごぼうダンサーズの演出や楽曲はジャニーズの滝沢副社長が助けてくれました>

「ごぼうダンサーズは、選挙中の街頭演説の際、奥野氏のスピーチの前などに完璧な振り付けで踊っていたダンス集団のことです。奥野氏は書き込みのなかで、<こうして名前を出すと怒られるかもしれないけれど>とも書いていましたが、参議院選挙を戦うなかで、滝沢氏の手厚いサポートもあったということを示唆していたんです。

 そのように深いつながりは間違いないであろう滝沢副社長ですが、他のだんまりを決め込む著名人同様、今回の花束投げ捨ての件でだけは騒がれたくないと思っているでしょうね。飛び火すれば芸能人でもダメージは大きいですが、滝沢氏は芸能界の大プロダクションの幹部なわけで、そうしたところでの責任もありますからね……」(前出の芸能プロ関係者)

「RIZIN」の榊原氏は法的手段に出ることも示唆しているが、果たしてこの騒動はどう沈静化するのだろうか――。

関連リンク

  • 10/3 7:27
  • 日刊大衆

今、あなたにおすすめ

記事の無断転載を禁じます