本気で好きだからこそ!男性が本命女性には見せない態度3つ

拡大画像を見る


好きな男性がいる時、自分に見せないような態度を他の女性に見せていると気になってしまいますよね。「あの人の方が親しいのかな」とか「あの人の方が心を許せるのかな」なんて、嫉妬してしまう人も多いのではないでしょうか。
しかし男性の中には、相手が本命女性だからこそ見せない態度もあると言われています。では、本命女性相手だからこそ隠したい部分とは、どのようなものなのでしょうか。


自分の弱い部分

本命女性からは常に「かっこいい!」や「頼れる!」と思われたいと考える男性は多いでしょう。だからこそ、自分の弱い部分はひた隠しにしようとする人が多いんだとか。仕事で失敗した時、弱音を聞いてもらうのは本命女性よりも女友達のほうが気楽だと考える人もいるでしょう。
付き合っている彼女に対しては見せられる弱さも、片想い中の本命女性には隠したいという人は多いと言われています。


厳しすぎる部分

自分の厳しい部分を隠したいと考える人もいるようです。ストイックな部分、あるいは仕事で大きなミスをした部下や後輩を叱責しているところは、本命女性に見られたくないと思う人も多いでしょう。
「優しい人」と思われたいのに、厳しい部分を見られることで「怖い」や「モラハラ」なんて誤解を受けてしまうこともあります。それを恐れて、仕事モード自体を見せないように隠そうとする男性もいるみたいですよ。


適当な部分

誰だって、ちょっとサボりたくなることがありますよね。そのような部分を本命女性に見られることは恥だと考える男性は少なくありません。「だらしない人を恋人にするのは無理!」とか「あんなだらしないの、ダサい」と思われたくないからこそ、隠してしまうのです。
女性としては「そういう部分を見せてもらえると気を許してくれたみたいで嬉しい」と考えるものですが、男心は女性の想像以上に複雑なのかもしれませんね。


本命女性の前でかっこつけようとする男性は多い!

女性も好きな男性の前では素敵な自分を見せようとする人は多いですが、実はそれ以上に男性のほうが本命女性の前で見栄を張ろうとする人が多いんだとか。
もし好きな男性からよそ行きの顔しか見せてもらえなくても、それは心を許していないのではなく意識しているからかもしれませんよ。
(土井春香/ライター)
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 10/1 17:01
  • ハウコレ

今、あなたにおすすめ

記事の無断転載を禁じます