「頼めば誰でも“お世話”してくれる」都市伝説のような女子大生との悲恋

拡大画像を見る

 こんにちは、恋愛コラムニスト・恋愛カウンセラーの堺屋大地です。

 僕はLINE公式サービス『トークCARE』にて、年間約1500件のペースでチャット恋愛相談を受けています。また知人経由で対面の相談を受けることも多く、性別・年齢問わずさまざまな方の恋のお悩みをうかがってきました。

 さて、「公衆トイレの壁に書かれた電話番号にかけると謎のビッチに繋がる」という都市伝説や、「地元の○○高校に頼めばどんな男でも“お世話”してくれるビッチがいる」といった話は、誰しも一度は耳にしたことがあるでしょう。

 しかし、そういう女性を直接知っているという方は、意外と少ないのではないでしょうか。

 今回は会社員・高峰悠輔さん(25歳・仮名)が大学生時代に片想いしていた女性とのエピソードをご紹介します。

※この記事は本人の許可を得て掲載しています。ただし、プライバシー保護のため実際のエピソードから一部変更しています。

◆サークルで出会った大学1年女子に恋をした

 高校時代にバスケ部でならした高峰さんは大学でもバスケサークルに入り、そこで出会ったのが、同じく1年生でマネージャーとして同じサークルに入ってきた人文学部の景子さん(仮名)だったそうです。

「景子ちゃんは美人というわけじゃないんですけど、いつもニコニコ笑顔でかわいらしい印象の子でした。中高と女子高だったらしいんですけど、男子にも自分からガンガン話しかけるので、男女問わず誰とでもすぐに打ち解けるタイプ。同じ1年ってことで景子ちゃんから僕に話しかけてきてくれたので、入学から1ヶ月ぐらい経った頃には、2人でランチをしたりカラオケに行ったりするぐらいの間柄になっていましたね」

 高峰さんは景子さんに恋愛感情を抱いていましたが、当時はまだ女性との交際経験がなく、どうアプローチしたらいいのかわからず……。とはいえ、景子さんも「今まで彼氏いたことないよ」と語っていたため、そこまで焦ってはいなかったんだとか。

「でも知り合って3ヶ月経った7月に、二人でカラオケに行った日からが急展開でした。いきなり景子ちゃんが『悠くんってキスしたことある?』って聞いてきて、ないと答えたら彼女からキスしてきたんです。しかもいきなりディープなやつ。さらにその日、僕の一人暮らしの部屋に来たいと言うので連れ帰って、景子ちゃんから積極的に迫って来て大人の関係に……」

◆大好きな女子の噂

 片想いしていた女子と一線を越えたというノロケ話かと思いきや、高峰さんは嬉しさよりも戸惑いのほうが圧倒的に勝っていたそうで……。

「『好き』とか『付き合おう』っていう言葉もなく身体を重ねたことが、僕としては微妙でした。それと景子ちゃんが妙に慣れてて、明らかに初めてではなかったことに驚きましたね。もちろん僕は初めてだったので、彼女がもう経験済だったのがかなりショックでしたよ」

 高峰さんいわく、「景子ちゃんが僕に告白させない空気を出していた」そうで、自分の恋愛感情や付き合いたいという気持ちを伝えられないまま、月1回程度の頻度で高峰さん宅にお泊りする関係が続いていたんだとか。

「だけど10月頃になって、景子ちゃんの噂をいろいろ耳にするようになったんです。まず、バスケサークル内で景子ちゃんは頼めば“お世話”してくれるって噂になってたみたいで、少なくても3人の先輩は彼女と関係を持っていたそうです。彼女の所属する人文学部でも同じような噂が流れていたようで、学部の男友達2人とノリでラブホに入っていったっていう話もありました。あとは景子ちゃんの高校時代の女友達から元彼を紹介されて、その友達の元彼の仲間内で都合よくまわされていたっていう話も……」

◆販売されていた動画

 しかし、それらはあくまで噂で確固たる事実だと裏付けるものはなかったのですが、高峰さんは決定的な動画を目にすることになるのです。

「30歳ぐらいのうちの大学のOBが『FC2』で同人AVを販売していて、そこに景子ちゃんが出演しているという噂が流れてきたんです。『FC2』で探すと……本当に景子ちゃんが出ている動画がありました。目にモザイクはかけられていましたが、間違いありません。しかも1本ではなくて。いろんな動画がありました」

◆愛嬌のあるニコニコ笑顔で「全部本当だよ」

 それから3日間、高峰さんはろくに食事や睡眠が取れずに憔悴しきっていたそうですが、意を決して景子さんを自宅に呼び出し、事情を聴くことに。

「サークルの先輩たちや学部の男友達とそういうことをしているのかと聞いたら、景子ちゃんはいつもどおりの愛嬌のあるニコニコ笑顔で、『全部本当だよ』と答えました。大学入学当初は処女だったらしいんですけど、目覚めてしまったようで……。これは僕の予想ですが、景子ちゃんの話しぶりを聞く限り、性行為をひとつの学問のようにとらえていて、自ら実践しながら探求している感じだったんだと思います」

◆休学して姿を消して…伝説だけが残る

 高峰さんのショックも知らず、あっけらかんとしていた景子さん。しかし、高峰さんのある言葉で、彼女の表情が一変したそうです。

「『FC2』の話を振ってみたら、景子ちゃんは動画が販売されていることは知らなかったみたいで、明らかに動揺していました。恐怖と激怒と悲哀が複雑に混ざったような表情でしたね。僕が景子ちゃんと会ったのはその日が最後でした。

 それ以来、景子ちゃんは大学に来なくなって、2年生からは休学扱いになっていたみたいです。その頃には『FC2』の動画は消されていて、彼女のビッチ伝説だけが大学内でしばらく残っていましたね。休学してからの景子ちゃんは、沖縄のリゾートホテルで住み込みバイトをしてるとか、インドに留学して輸入業をやってるとか、いくつかの噂が流れていましたがどれも真偽不明です……」

 高峰さんが経験したのは、都市伝説のようなビッチ女性との切ない悲恋。“事実は小説よりも奇なり”と言いますが、“事実はAVよりも奇なり”とも言えるのかもしれません。

<文/堺屋大地>

【堺屋大地】
恋愛をロジカルに分析する恋愛コラムニスト・恋愛カウンセラー。現在は『現代ビジネス』、『文春オンライン』、『smartFLASH』などにコラムを寄稿。LINE公式サービス『トークCARE』では、カウンセラーとして年間で約1500件の相談を受けている。Twitter:@SakaiyaDaichi

関連リンク

  • 10/1 15:54
  • 日刊SPA!

今、あなたにおすすめ

記事の無断転載を禁じます