一日の終わりに5分間のセルフラブ。疲れた心をリセットする「瞑想法」

拡大画像を見る

今回は、「心のリセット法」として呼吸に意識を向ける瞑想のやり方を紹介します。

日頃外にばかり向いてしまう意識を自分の内側に向け、自分のためだけの時間を作ってみましょう。ぜひ動画を見ながら一緒にやってみてください。

■「心をリセットする」瞑想法

1.まずは、楽な姿勢で座りましょう。お尻が安定する場所が見つかったら、骨盤を立て背骨を1本1本積み上げます。顎を引き頭頂を高い位置におきましょう。両手は軽く膝の上に置いておきます。

2.ゆっくりと目を閉じましょう。少しの間、鼻から出入りする息や呼吸音に集中します。

詳しい動きは以下の動画をチェック!

■すっきりポイント

瞑想というと難しいイメージを持たれるかもしれませんが、外からの刺激、体や頭、心の動きを一度手放し、ただここに居ることを味わう時間です。途中で眠くなってしまったら寝てもいいですし、何か考え事が浮かんできたらメモに取るなどし、また目を閉じていきましょう。

最初は1、2分から始めてみても大丈夫です。徐々に長い時間できるようになってきます! 消化できない心のモヤモヤが少しでも楽になりますように。

◆Check!

<<寝る前におすすめの「リラックスモードへの切り替え方」をチェック

<<他のポーズをまとめてチェック

(ばなお/はたらくmuse)

関連リンク

  • 10/1 11:10
  • マイナビウーマン

今、あなたにおすすめ

記事の無断転載を禁じます