『あざとくて何が悪いの?』Snow Man・深澤辰哉「一番ダサい」評価をメンバー阿部亮平が懸命フォロー!「すごい男気もある」

拡大画像を見る

 9月25日放送の『あざとくて何が悪いの?』(テレビ朝日系)で、Snow Man阿部亮平(28)と深澤辰哉(30)が恋愛観を明かした。

 オープニングで、田中みな実(35)が「自分で上目遣いの状況作り出していますよね」と、阿部の日常の仕草について気になっていたと指摘された阿部は、特に否定せず、「拍手とかは使い分けてて」「他の人の話の邪魔になっちゃうときは小さく。しかもカメラに手が見える位置にしている」と、かわいらしい拍手を披露。阿部は「これをやってたら、おばあちゃんに、番組見てたみたいで、“アンタえらく省エネな拍手してるわねぇ”って」と、おばあちゃんからツッコまれたことを明かし、田中を爆笑させた。

 今回は、これまで同番組内で放送されていた“あざと連ドラ”が最終回で、あざと女子に憧れる主人公が、同期のモテ男とデートした際、ポテトの追加オーダーをすると「初めてきた店なんだから、もっといろんなの頼みなよ」「ちなみに俺はもうお腹いっぱい」と言われてしまうシーンの回想があり、これを見た阿部は「男だったら“好きなもの頼んで。食べれなかったら俺全部食べるからいいよ”って言ってあげたいですね」と語り、田中や弘中綾香アナウンサー(31)、南海キャンディーズの山里亮太(45)から「一番良い!」「それが正解!」と絶賛された。

 一方深澤は逆の意見らしく「絶対食べないっすよ」とキッパリ。みんなが「え!?」と驚き、田中が「なんでポテトおかわりダメなの?」「向こうは恥ずかしいけど“もうちょっと食べたいかも~”みたいな感じなのに?」と聞くと、深澤は「別にお腹いっぱいだったら……」と自分の状況を重視し、さらに「お高いですしね」とコメント。

 お金のことを言いだす深澤に、田中と弘中アナは「ええ~!」「そこですか!?」と驚愕。山里も「今まであのシーンを語った人のなかで一番ダサいよ」「俺に言われたくないかもしれないけど、全然モテないよ」とダメ出し。弘中アナは「絶対お金のことは言ってほしくない」と憮然、田中は「帰りにファストフード寄って“ポテト買う?”とか言われたら嫌じゃない?」と深澤の“ケチ”ぶりを責め立てた。

 すると阿部がすぐに「普段はこんなこと言わないんです。メンバーとごはん行っても率先してお金出してくれたり。すごい男気もあるんです!」とフォロー。これを聞いた田中は「え、でも女性には出さないタイプなんじゃない?」とさらに追及し、深澤は苦笑いを浮かべて「気の許した相手だと言っちゃうのかもしれない」と弁明したが、「無理しては食べられない」とあくまで自分のスタンスを貫いた。

 そんな深澤は、恋愛に積極的ではないようで「自分から告白できない」といい、田中に「すごい好きな子がいたらどうするの?」と聞かれると「僕からはちょっと言えないので、“好きな子いるの?”とか遠回しに攻めて、最終的に言ってもらいたいです」と熱弁。

 これにも女性陣からは驚きの声が上がったが、深澤は「自分から言うのは恥ずかしい」「絶対つきあえるって確証があっても、自分からは言わない」と告白。弘中アナに「絶対イヤです!」と辛らつな言葉を吐かれていた。

 2人の恋愛トークに「やっぱり告白は男性から言ってほしいなぁ」「ふっかの女の子から告白させるのはモテ男にしかできない」「阿部ちゃんのフォロー完璧すぎる!」「阿部ちゃんのあざといは優しさの塊」など、ネットでは視聴者も盛り上がっていた。

 同番組には以前、Snow Manのラウール(19)と渡辺翔太(29)が出演したし、その際「Snow Manの中で“あざといな”と思うメンバー」について、渡辺は「これはぶっちぎりで阿部亮平」「彼は常習犯」と即答していた。

 今回、田中も驚く上目遣いやあざといコメント、首を傾げたり、かわいい表情を次々に繰り出した阿部。普段から阿部のあざとい言動はメンバー、ファンの間でも周知の事実で、“あざとい警察”なる単語まで誕生している。深澤も「阿部ちゃんはいい意味であざとかわいい」と阿部のあざとさを絶賛。いつも笑顔を絶やさず、ジャニーズで初めて気象予報士の資格を取得するほどのインテリながらどこかポンコツという親しみ深さも阿部の魅力かもしれない。

関連リンク

  • 10/1 8:30
  • 日刊大衆

今、あなたにおすすめ

記事の無断転載を禁じます