大規模アートイベント「アートウィーク東京」が11月3日より開催!展覧会やシャトルバスなどの詳細を公開

拡大画像を見る

日本の現代アートを国内外に紹介する国際的なアートイベント「アートウィーク東京(AWT)」が、2022 年 11 月 3 日(木)〜6 日(日)の 4 日間にわたり開催されます。今回は、今年のアートウィーク東京について発表されている様々な情報を紹介していきます。

アートウィーク東京とは

アートウィーク東京は、一般社団法人コンテンポラリーアートプラットフォームが主催する年に一度のアートイベント。世界最高峰のアートフェア「アートバーゼル」と提携し、日本の現代アートの創造性と多様性を国内外に紹介していきます。昨年は主要なアートスポットを繋ぐシャトルバスも運行され、2 万人を超える来場者数を記録しました。

今回のアートウィーク東京の概要

・シャトルバスが 6 ルートに増加

アートウィーク東京の特徴の一つでもある美術館やギャラリーなどを繋ぐ無料のシャトルバス。今年はそのシャトルバスが2ルート増加され 6 ルートとなっています。毎日午前 10 時から午後 6 時まで約 15 分間隔でシャトルバスが運行されるので、快適に会場を回ることが可能です。

また、無料の専用アプリも登場し、アプリ内の画面を提示すると期間中は無制限でシャトルバスに乗車可能。アプリではバスの運行状況をリアルタイムで確認できるほか、プレゼントがもらえるスタンプラリー機能もついています。

・国内外アーティストによる注目の展覧会

アートウィーク東京では、東京の現代アートを牽引する 10の美術館/インスティテューション、41 のギャラリーを訪れることが可能。美術館/インスティテューションでは、大規模な回顧展に注目です。

国立新美術館では、日本発の美術運動である「もの派」を代表する李禹煥の業績が紹介され、東京国立近代美術館では、1970 年代末より様々な表現を手がけてきた大竹伸朗の活動を読み直す展覧会が開催。資生堂ギャラリーでは、1947 年から続く企画「第八次椿会 ツバキカイ 8 このあたらしい世界」展で、ミヤギフトシや宮永愛子等 6 名の新作が発表されます。

また、ギャラリーでは、日本を代表する作家による個展が充実。建築や古美術など幅広い文化に精通し世界的に活躍する杉本博司や、光と音によるインスタレーションで知られる池田亮司、マルチメディア・アーティストの吉増剛造などの展覧会が開催されます。また、安瀬英雄や田村友一郎、毛利悠子といった次世代の作家の展覧会も開催されます。

・萬代基介氏が手がけるバー「AWT BAR

アートウィーク東京の期間中には、建築家・萬代基介氏の設計による「ATW BAR」が 4 日間限定で南青山に登場。アーティストとコラボしたスペシャルカクテルが提供されます。

・菊地敦己氏がアートディレクターに就任

アートウィーク東京の総合デザインを手がけるアートディレクターに菊地敦己氏が就任。「AWT」のロゴや WEB サイト、専用アプリ、オリジナルトートバッグなどのデザインを担当しています。

・アートカルチャーに関する座談会を YouTube で公開

日本のアートヒストリーや日本現代美術のエコシステムに関するレクチャー・座談会を YouTubeにて公開。日本のアートシーンを代表する方々が登場します。(詳細は近日公開予定)

 

日本の現代アートの創造性と多様性を国内外に紹介する国際的なアートイベント「アートウィーク東京(AWT)」。興味がある方は、以下の公式HPをチェックしてみてください。

公式URL:https://www.artweektokyo.com/

  • 9/30 18:04
  • マガジンサミット

今、あなたにおすすめ

記事の無断転載を禁じます