「恋ステ」急逝の梶田冬磨さん、MC・おかずクラブゆいPが思いつづる「未だに信じられない」

【モデルプレス=2022/09/30】ABEMAの恋愛リアリティーショー「恋する◆週末ホームステイ」(◆はハートマーク)シーズン3に出演していた“かじ”こと梶田冬磨さんが16日、享年22歳で急逝したことが27日に発表された。これを受け、おかずクラブのゆいPが29日、自身のTwitterを通じて追悼コメントを投稿した。

◆「恋ステ」MC・ゆいP、梶田冬磨さんを追悼

同番組でMCとして梶田さんを見守り続けてきたゆいPは「2人が結婚報告をしてくれた日を昨日のことのように思い出します。恋ステ収録後偉い人に呼び出され、ついにMC交代か…と震えて部屋に入るとそこにはなのかじが!恐怖が一転したとても嬉しいサプライズでした」と、同番組でカップルとして結ばれた“なのか”こと青木菜花との2人から結婚報告を受けたときのことを回顧。

ゆいPは「あまりに早過ぎるお別れを未だに信じられないのが正直な感想です」と率直な心境をつづりつつ、「自分より他の人を優先して考えてあげられる優しい人でした。菜花とお子さんを空から見守ってくれると信じています」と梶田さんの温かな人柄に触れ、追悼した。

◆「恋ステ」梶田冬磨さん、22歳で急逝

梶田さんの訃報は27日、本人のSNSにて公表。通夜並びに葬儀は遺族の意向にて近親者のみにて執り行ったと報告された。

梶田さんは、青木と2020年11月に結婚し、2021年4月に第1子が誕生。青木のSNSも事務所名義で更新され、「弊社と致しましても今まで以上に青木菜花、ご親族のお力になっていけるよう邁進していく所存でございます」とつづられた。

◆「恋ステ」“なのかじ”カップルとして人気集める

「恋ステ」は、出会うはずがなかった遠く離れた場所に住む女子高生たちと男子高生たちが週末だけのホームステイで恋を見つける番組。大阪男子×東京女子として出会った2人は、“なのかじ”カップルとして番組史上No.1カップルと呼ばれるように。

東京と大阪の遠距離恋愛を乗り越え、2年9ヶ月の交際を経てゴールイン。“いい夫婦の日”かつ大安だった2020年11月22日に入籍。青木は2021年4月22日に、第1子となる女児を出産した。

梶田さんは、2000年2月17日生まれ、大阪府出身。tvk「猫のひたいほどワイド」(毎週月曜~木曜ひる12時)の火曜レギュラーや、3月公開の映画「虹が落ちる前に」に出演するなど、モデル・インフルエンサー・俳優として幅広く活躍。「猫のひたいほどワイド」では猫の手も借り隊・火曜日イエローとして活動し、村の魅力や取り組みを紹介してきたことをきっかけに、清川村初のPR大使も務めていた。

9月13日にもInstagramで元気な姿を投稿していた。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 9/30 13:20
  • モデルプレス

今、あなたにおすすめ

記事の無断転載を禁じます