ハライチの『ポップUP!』後番組起用に、吉村崇がショック「弟分だと思っていた澤部が…」

拡大画像を見る

情報番組『ポップUP!』は佐野瑞樹アナと山崎夕貴アナがMCを務め、曜日パーソナリティとして小泉孝太郎、三浦翔平、おぎやはぎ、高嶋政宏、吉村崇(平成ノブシコブシ)が出演していたが、わずか9か月で終了となる。後番組の『ぽかぽか』は「みんなの“楽しい”が集まる場所」をテーマに、新しい形のバラエティ番組を目指すとしている。

28日深夜放送の『佐久間宣行のオールナイトニッポン0(ZERO)』(ニッポン放送)では、ハライチが『ポップUP!』の後番組でMCを務めることを取り上げており、佐久間宣行氏によると岩井勇気から直接連絡があったそうだ。『ゴッドタン』の人気企画「腐り芸人セラピー」では、“腐り芸人三銃士”として板倉俊之(インパルス)、徳井健太(平成ノブシコブシ)、そして岩井勇気の3人が相談にやってくる腐り芸人たちに独自のダメ出しやアドバイスを送っていた。腐り芸人の走りと言われている岩井は、先輩芸人が相談に来ても怯むことなく“正論”という名の毒舌を容赦なく浴びせてきたものだ。

この「腐り芸人セラピー」を来週か再来週に収録する予定なのだが、佐久間氏は「(岩井の)どこが腐ってるんだ? っていう」と笑う。そもそも“腐り芸人”とは「現代のバラエティ番組に対応できずに、心に闇を抱え腐ってしまう芸人」を指すそうだが、佐久間氏は「(岩井は)帯のMCだからね」と語る。またこの日、佐久間氏がプロデューサーを務める『あちこちオードリー』の収録があったのだが、偶然に吉村崇が出演しており『ポップUP!』が終了すること、そして後番組のMCにハライチが抜擢されたことにものすごくショックを受けていたという。「ずっと『しくじり先生』で横にいた懐刀で、自分の弟分だと思った澤部佑がMCで飛び越えていく」という現実を受け止めきれていない吉村と、MC・若林正恭(オードリー)とのやり取りはなかなか面白かったそうである。

それにしても昨春からスタートした『ラヴィット!』(TBS系)に川島明(麒麟)、そして今回のハライチが帯番組のMCに起用されたことに、佐久間宣行氏も「いつの間にか芸人界もどんどん変わってきた」とバラエティ番組の新しい時代の予感を感じているようであった。

画像3枚目は『佐久間宣行のオールナイトニッポン0【公式】 2022年9月29日付Twitter「【佐久間宣行のオールナイトニッポン0 】お聴き頂きありがとうございました!」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 みやび)

関連リンク

  • 9/30 11:42
  • Techinsight japan

今、あなたにおすすめ

記事の無断転載を禁じます