嵐・相葉雅紀「人生最大のピンチ」ブレイク前の“トラウマ級”ロケをぶっちゃけ!「呪われた」「仕事がないからやるしかない」

拡大画像を見る

 9月25日放送の『行列のできる相談所』(日本テレビ系)で、嵐の相葉雅紀(39)が「人生最大のピンチ」について語り、共演者を驚かせた。

 相葉は「30代で司会MCがうまいランキング」第1位にも輝いていると紹介され、国民的なグループ、嵐のメンバーとして現在も活躍している。しかし、嵐がブレイクするまでには多くの体当たりロケもこなしてきいる。

 過去にはライオンとたわむれて腕を思いきり噛まれたり、トラに乗りかかられたり、ワニのエサやりで腕を噛まれそうになったりと、かなり危険な目にもあっている。今回、相葉が告白した体験はそれらを上回るもので、それが心霊体験だという。

 事前打ち合わせで、相葉は「1回呪われたことがあって」と驚きの告白。ロケ先で怪奇現象が頻発し、失神してしまったと明かした。今から21年前、まだ嵐がデビューして間もない頃、当時は『USO!?ジャパン』(TBS系)などで、深夜に心霊スポットを取材するようなロケも多く、相葉には普段から身の回りで不可解な出来事が頻発していたという。

 CDをかけると音楽ではなく不可解な音が鳴ったり、スタジオで証明写真を撮っていると、何度撮っても相葉の姿だけ写らないということも。さらに極めつけは、夜中に金縛りに遭い、髪の長い女性に首を絞められたという。2001年に番組で少女の霊が出るという廃墟に一人で潜入した際は、その場で気持ちが悪くなり、失神してしまい、その様子に視聴者も騒然となった。

 相葉は「あの当時、嵐として駆け出しで仕事がまずなかった」「5人の中で僕が一番ビビるから、スタッフが面白がって僕を必ず入れる」と、心霊ロケに必ず行かされていたそうで、多いときには週に2~3回は心霊スポットロケがあったと告白。

 相葉は心霊関係は大嫌いだったが「仕事がないから、これしかないから、やるしかない」と自分に言い聞かせて頑張っていたと振り返った。当時は金縛りにも何度もあったため、相葉は「うつぶせとか横向いて寝ると金縛りにならない」という独自の統計を得たと胸を張り、「うつぶせで寝たりしてます。今でも」と続けた。

 その番組が終了してからは、怪奇現象はピタリと止んだと言っていたが、ネットには視聴者から「相葉ちゃんが失神する回、リアルタイムで見てた!」「相葉ちゃんは性格が素直すぎるから霊も寄ってくるのかな」「相葉くんは体を張って頑張ってきたからね」「相葉ちゃんの恐怖体験、今は笑い話になってて良かった~」など同情コメントが続出した。

 ハワイのホノルル沖クルーズ客船で記者会見を行い、大々的なデビューをはたした嵐。活動休止後も愛され続けている国民的グループだが、最初から人気絶頂だったわけではない。

 今回の相葉が語った心霊スポット取材もその1つで、この他にも真夜中の街を自転車で走り、九州から北海道までの日本縦断に挑戦する企画や、芸能人の子どもを1日預かって世話をする企画、依頼主である役所や企業、団体に代わってクレーム処理を行う、各地の老夫婦のもとへ訪問して1日だけ孫になるなど、今の嵐からは想像もつかないような体当たりロケも行っていた。老若男女に愛される嵐になったのも、そうした苦労があったからかもしれない。

関連リンク

  • 9/30 11:10
  • 日刊大衆

今、あなたにおすすめ

記事の無断転載を禁じます