泉ピン子、「あのガキ」えなりかずきと「和解」へ!「結婚相手品定め」「身だしなみ説教」「実母と切り離し」…橋田壽賀子さん激怒でも“いじめ発疹”で「共演絶対NG関係」が雪解け!?

拡大画像を見る

 泉ピン子(75)とえなりかずき(37)が事実上の和解に至ったのではないかと、9月29日発売の『女性セブン』(小学館)が報じた。

 ピン子とえなりは人気ドラマシリーズ『渡る世間は鬼ばかり』(TBS系)で約30年に渡って母子役を演じてきた。ピン子も本当の息子のようにえなりを可愛がり、番組も2011年の連ドラシリーズ終了後もスペシャルとして年に1回のペースで続いた。しかし、2015年を最後に2人が同じ場面に出ることはなかった。

 その理由を同作脚本家の橋田壽賀子さん(享年95)が2019年10月の『週刊文春』(文藝春秋)のインタビューで明かし、世間に大きな衝撃を与えた。

 橋田さんは「(ピン子とえなりを)一緒にしちゃいけない。一緒にするとえなりくんがおかしくなるんですって。発疹が出たり」と、ピン子と顔を合わせると発疹が出てしまうほど、えなりはピン子に拒絶反応を示すと告白したのだ。

 2021年10月放送のラジオ番組『アッコのいいかげんに1000回』(ニッポン放送)に出演したピン子が「悪いけど、えなりと私、絡まないのよ」とコメント。

 続けて、「だって私は膨大に出ているし、膨大なセリフがあるし、人のことどうでもいいのよ、悪いけど。だって自分が覚えていることをその日のうちに何十シーン撮らないといけないんだし。だから自分が覚えていることで精一杯だから」と説明し、「誰のおかげで、あのガキも本当に……」と漏らしたことも話題を呼んだ。

 ピン子との関係が悪化するにつれ、えなりの仕事も目に見えて減っていったという。ところが、10月8日スタートのドラマ『孤独のグルメ』(テレビ東京系)にえなりが出演することが発表されたことで風向きが変わったようだ。

 えなりは2017年放送の『サヨナラ、えなりくん』(テレビ朝日系)に出演して以降、ドラマのレギュラー出演はゼロ。俳優仕事のみならずメディア出演自体が激減していた。しかし、『孤独のグルメ』への出演が発表されたこと、この8月、9月にはバラエティ番組にも出演したこともあり、ピン子と“雪解け”を迎えたのではないかと『女性セブン』では伝えている。

 ワイドショー関係者は話す。

「橋田さんは2人を直接会わせないような脚本を考えねばならず、かなり苦戦していたようです。『週刊文春』のインタビューでは“普通先輩から言われたのをイジメとは思わないですよね。私はすごく怒っているんです”と、えなりさんに対して怒りを示していました。

 ただ、ラジオで“あのガキ”呼ばわりしたことも衝撃的でしたが、発疹が出てしまうぐらいえなりさんはピン子さんを恐れていたということですよね」

 小さい頃から、えなりの仕事現場にはマネジャーである母親がつき添っていたというが、ピン子は母親が近くにいようが、子役のえなりに遠慮することはなかったという。

「30年来ということもあるのでしょうが、子役時代からピン子さんはえなりさんにかなり厳しかったようです。演技指導だけではなく、彼の私生活にまで口を出すようになっていったみたいですね。

 えなりさん自身がエピソードトークとしてたびたび話していますが、“シャツをズボンの中にインしろ”と言われたこともあったといいますし、ピン子さんが“結婚相手は私が認めないとダメよ”と話したこともあったとも報じられています」(前同)

 2019年10月の『女性セブン』(小学館)によると、撮影中も遠慮なく叱ってくるピン子に対し、大人になったえなりは、だんだんとプライドが傷つけられる思いをするようになったという。そんな息子の姿を見た母親が「そこまで言われる必要があるのか」と周囲に愚痴をこぼすようになったとされる。

 えなりの母親が仲のいいスタッフにピン子の陰口を言ったことが本人にバレ、激怒したピン子が「あんたは私の悪口は言ってないよね?」とえなりに迫り、「あんたは母親から自立したほうがいいわ」と放ったというから驚きだ。さらに、それを伝え聞いた母親が「母親気取りもいい加減にして」と怒りを示したと、記事では伝えていた。

「実の母親からえなりさんを引き離そうとしたということですよね。母親とピン子さんの確執に悩んだえなりさんは、橋田先生に『渡鬼』からの降板を申し出たそうなんですが、実現はしなかったようです」(同)

 えなりをいじめたようにも映る報道が増え、ピン子は精神的に参ってしまい、1年ほど病院に通っていたという。8月28日の産経新聞のインタビューで、ピン子は「“ピン子がえなりをいじめた”という話が何度も蒸し返される。気にしていないように見せているけれど、本当はつらいです」と漏らしていた。

 いじめ話が報じられたことについても「どうしてそんな話が出たのかはわかりません。えなりくんは『渡る』に子役のときから出演していて、ずっと私に対して誕生日と母の日にお花を贈ってくれていました」と心境を明らかにした。

 しかし、えなりが花を贈っていたのは昔のことで、最近は連絡すらないという。ピン子がわざわざえなりを持ち上げるような話をしたのは「彼との関係は悪くない」とアピールしたかったからではないかと、前出の『女性セブン』は伝えている。

「ピン子さん自身、不仲報道が想像以上に広がりすぎて反省したといいます。関係者は事実上の和解とみているようですが、えなりさんと彼の母親はどう思っているのか……気になるところではありますよね。まだまだ遺恨は根深そうな気がしますが……」(前出のワイドショー関係者)

 ピン子とえなりの再びの“母子共演”は実現するのだろうか――。

関連リンク

  • 9/30 7:12
  • 日刊大衆

今、あなたにおすすめ

記事の無断転載を禁じます