山崎賢人と「半同棲報道」広瀬すず“ラブシーン必至”本格恋愛ドラマの相手・キンプリ永瀬廉が「大惨劇」&大谷翔平「噂の彼女」狩野舞子がついに「交際認定」!?【2022年9月「熱愛」人気記事トップ2】

拡大画像を見る

 2022年9月に多くの人の関心を集めた本サイト掲載の「人気記事」をプレイバック。今回は、半同棲報道の人気俳優カップルに、交際疑惑のアスリートカップルまで…「熱愛」人気記事!

 熱愛がスクープされた広瀬すず(24)と山崎賢人(27)の最新動向を、9月22日発売の『週刊文春』(文藝春秋)が報じている。

 広瀬と山崎を巡っては、7月1日配信の『文春オンライン』が“半同棲愛”をスクープ。

 広瀬は家賃3ケタ万円を超える豪邸マンションに最近引っ越したといい、24歳の誕生日を迎えた6月18日夜から19日にかけて、山崎と自宅で過ごしていたという。

 誕生日当日の6月19日の昼過ぎには広瀬と山崎、さらに知り合いの男女2人を加えた4人で東京ドームに向かい、「THE MATCH 2022 天心vs武尊」を観戦。7月7日発売の『女性セブン』(小学館)によると、観戦に同伴していた2人の男女は広瀬の母親と兄で、山崎も含め、すでに家族ぐるみの交際をしており、将来を見据えているとされる。

『文春オンライン』の取材に対し、双方の事務所は「プライベートは本人に任せております」と応じており、交際を否定することはなかった。

『週刊文春』によると、これまで清純派イメージで広瀬を売っていた事務所の方針で、役柄もプライベートの恋愛も縛りが厳しかったといい、事務所の反対で交際相手と別れたこともあったようだ。

 にもかかわらず、山崎との交際が認められたのは、広瀬の事務所の女性社長が山崎のことを気に入っているからだという。

 2人は2016年公開の映画『四月は君の嘘』で共演。現場で女性社長は山崎のことを「ケントス」と呼び、可愛がっていたようだ。山崎は人気俳優になってからも偉ぶることなく、天然な部分もあり、そんなところを気に入ったようで、「ケントスならいいよ」と交際を許可されたと『週刊文春』では伝えている。

「事務所公認で半同棲生活を送っているわけですから、2人はかなりラブラブなんでしょうね。ただ、山崎さんは広瀬さんの次のドラマが気になっているのではないでしょうか。

 彼女が次に主演を務めるのは本格的な恋愛ドラマで、かつ、相手役は今をときめくKing&Prince(キンプリ)の永瀬廉さん(23)だといいますからね」(ワイドショー関係者)

『週刊文春』では、2023年1月クールのTBS火曜22時枠で広瀬の主演ドラマが決まっており、相手役を永瀬が務めるとも報じている。

 脚本は『ロングバケーション』(フジテレビ系)や『ビューティフルライフ』(TBS系)など、ラブストーリーの大家として知られる北川悦吏子氏(60)ということもあり、広瀬と永瀬の共演作も恋愛ドラマになるとみられる。

「広瀬さんは24歳、永瀬さんは23歳。若い男女の恋愛を描くドラマで、脚本は北川さんですから、当然ラブシーンもあるでしょう。山崎さんが嫉妬してしまうなんてこともあるかもしれませんね。

 ただ、もしかしたらそれよりも、恋人の作品が大コケしてしまう可能性を心配しているということも考えられます。それは、今、永瀬さんの主演ドラマが壊滅的な視聴率になっているからです……」(前出のワイドショー関係者)

 永瀬は現在放送中のドラマ『新・信長公記〜クラスメイトは戦国武将〜』(読売テレビ制作、日本テレビ系)で主演を務めており、9月25日に最終回を迎える。

 ドラマ『新・信長公記』は、甲斐谷忍氏による漫画『新・信長公記〜ノブナガくんと私〜』(講談社)が原作。

 主演の永瀬をはじめ、なにわ男子の西畑大吾(25)、三浦翔平(34)、満島真之介(33)、濱田岳(34)、小澤征悦(48)といった豪華俳優陣がそろうものの、日本テレビドラマ史に残る低空飛行を続けている。

 初回の世帯視聴率は6.1%(すべてビデオリサーチ調べ、関東地区)とパッとしないスタートを切り、第4話には3.8%を記録。9月18日放送の第9話では3.2%と右肩下がりで数字を落としているのだ。

『新・信長公記』は、同作が放送されている「日曜ドラマ」枠のみならず、2003年以降の日本テレビのドラマ全体におけるワースト記録にすら迫っているという。

 単話でのゴールデン・プライム帯ドラマの歴代ワースト視聴率は、真中瞳(現・東風万智子、42)主演の『メッセージ~言葉が、裏切っていく~』の第6話や、竹中直人(66)主演の『ライオン先生』(ともに2003年)最終回の3.1%。『新・信長公記』の第9話の3.2%は日本テレビの歴代ワースト2位ということになる。

『新・信長公記』は第9話までの全話平均が4.36%で、歴代ワースト記録となる『メッセージ』の全話平均4.4%を下回っている。このままいけば19年ぶりにワースト記録を更新してしまう可能性もある。

 制作会社関係者は話す。

「テレビ各局が重視する13~49歳のコア視聴率も低いんです。18日の第9話は1.9%でしたからね。前クールに同枠で放送されたなにわ男子・道枝駿佑さん(20)主演の『金田一少年の事件簿』にもスベってた、という指摘はありましたが、たしかに世帯視聴率は高くはなかったですが、コア3%中盤から4%に迫る数字を取っていましたからね。

『新・信長公記』は世帯もコアも取れておらず、まったく振るっていないんです。全世代的に“誰も見ていない”状態にありますね。ドラマはマンガ原作で、戦国武将のクローンが不良高校を舞台にテッペンを目指すという突飛な内容ですから、日曜日の夜の時間帯にマッチしなかった、という面もあるのでしょう。

 また、バラエティ番組が絶好調の日テレですが、ドラマだけは不振が続いていて、永瀬さんはその日テレの被害者とも言えますが、今回の主演作品で少なくとも彼が数字を持っていないことも明らかになってしまいましたね……」

 そんな永瀬と広瀬が、2023年1月クールの恋愛ドラマで共演することになる。

「広瀬さんは人気も実力も若手ナンバーワン女優。一方の永瀬さんもジャニーズの若手でも期待度の高いキンプリのメンバーで、ファッション誌『ViVi』(講談社)による『国宝級イケメンランキング2020年』で上半期と下半期を連覇して殿堂入り。

 そんな大注目の若手2人が北川さん脚本のド直球恋愛ドラマで共演するんです。TBSとしては絶対ヒットさせないとダメだと思っているでしょうし、だからこそ北川さんを起用したはずです。

 ただ、永瀬さんは『新・信長公記』で数字を持っていないことを証明してしまった。広瀬さんの恋人・山崎さんも、これには心配しているのではないでしょうか」(前同)

 高視聴率獲得がマストと見られる広瀬と永瀬の恋愛ドラマが、『新・信長公記』の二の舞にならないことを願いたい!

(2022年9月25日公開)

「誰のこと? 大谷さんのことですか?」

 8月28日放送の『サンデーモーニング』(TBS系)でのスポーツコーナーでのメジャーリーグ特集、司会の関口宏(79)の一言に、ゲストコメンテーターは思わず沈黙してしまった。

 この日、出演していたのは、元バレーボール日本代表選手の狩野舞子(34)。18年ごろから現在に至るまで、メジャーリーグのエンゼルスで“二刀流”として活躍している大谷翔平選手(28)との交際がウワサされ続けていることで知られている。

「関口さんが話を振ったことで、狩野さんは公の場で、初めて大谷選手についてコメントする形になってしまったんです。これまで、狩野さんと大谷さんの関係は“匂わせ”レベルで、決定的な証拠はなかった。それだけに、もし交際や関係がないのであれば、明確に否定する絶好のチャンスでもあったと思うんですが、狩野さんはなぜか歯切れが悪く、逆に交際の裏付け、認定のような感じになってしまいましたね」(スポーツ紙記者=以下同)

『サンモニ』では、大谷選手の活躍もバッチリと映っていたデトロイト・タイガース戦とトロント・ブルージェイズ戦のVTRが流れ、これに、

「やっぱり両方のポジションで結果を残しているので、すごいことをしているんですけど……」

 と主語を抜いて話す狩野に、関口が冒頭のセリフで「エッ、誰のこと? 大谷さんのことですか?」と確認。これに狩野が奇妙な間を経て「はい、あの……、そうですね……」と少し戸惑った様子で苦笑し、

「ものすごいことをしているのに、すごいことをしていないふうに、普通にプレーされるじゃないですか。ここがやっぱりすごいところだなと思います」

 と、持ち直して締めたのだ。

《聞いてもないのに、大谷選手のことを話しちゃった。頭がいっぱいで先走ったところに、口さんから嫌らしい返しを受けて、顔が真っ赤になる狩野舞子さん。ただ可愛かった》《コメンテーターなので普通なのですが、見てるこっちが、聞いちゃうんだとヒヤヒヤしました》《モーニングショー狩野舞子さんの紹介の時しれっと「大谷」の名前出して紹介していたがわざとか?》

 と、SNSは大いにざわめいたのだ。

「この『サンモニ』のやり取りもあって、改めて狩野さんのYouTubeチャンネル『マイコチャンネル』で、8月19日に投稿していた動画も再注目されています。9月9日に狩野さんは神宮球場で行われるヤクルトスワローズ対広島カープ戦の始球式を行うので、そのためのレクチャーがメインでした」

 狩野は「速い球でストライクを投げたい」という目標を達成するべく、元プロ野球選手で直近では19年~21年に中日ドラゴンズのコーチもしていた阿波野秀幸氏(58)に投球を伝授してもらう、という内容だった。

「狩野さんのフォームは、振りかぶるワインドアップではなく、体を横にして構えるセットポジションのオーバースローですが、顔の前でグラブを制止する構えが大谷選手に似ている部分もあった。

 ただ、やはり野球はそこまで経験がないのもあるのか、左手はうまく使えておらず、そこは大谷選手のフォームと違って見えましたね」

 大谷選手は、投球後に勢いを載せたままくの字に曲げた左腕をしなやかに振り上げることが多いが、狩野は阿波野の「左手は脇に抱える」という教えと「意識しないと左手が遊ぶ」という未熟さゆえか、左腕のモーションが小さく固まっていた。

 しかし、セットポジションでの構えはどこか似ていたこともあり、

《海外の天使の試合で始球式お願いします。》《カリフォルニアにいるスーパーマンみたいなメジャーリーガーの彼氏?!に教えてもらった方が、、、。失礼しました》《もっと身近にスゲーやついるじゃん二刀流の》

 と、大谷選手に言及する声も多くみられた。

 人生初だった21年9月14日に行われたイースタン・リーグのヤクルト対西武戦の始球式は、無念のワンバウンドに終わってしまったことを悔やんでいた狩野。今年こそ、見事なストライクを決めていただきたい!

『サンデーモーニング』(TBS系)

https://www.tbs.co.jp/sunday/

 ちなみに狩野はこれまで元日本プロ野球選手会会長の宮本慎也、元ロッテ・里崎智也氏、元ソフトバンク・斉藤和巳氏らからも指導を受けたことがある。投球フォームは彼らのスタイルも混じっているのかもしれない。

『マイコチャンネル』より

関連リンク

  • 9/30 7:05
  • 日刊大衆

今、あなたにおすすめ

この記事のみんなのコメント

1
  • ***

    10/18 8:45

    誰と付き合おうが自由ですわ\(^-^)/大概の人には知り合いでもないし何の関係も無いことですわ\(^-^)/

記事の無断転載を禁じます