詐欺被害に遭い「全財産を全て取られ、夫とも離婚。あの時の預金があったら…」と回想する40代女性

拡大画像を見る

人生で一番後悔していること、といったらどんなことが思い浮かぶだろうか。群馬県40代女性(事務・管理/年収250万円)は、

「当時結婚していた24年前に詐欺に引っ掛かってしまいました」

と、悲惨な過去を語り始めた。(文:草茅葉菜)

キャリコネニュースでは「ずっと後悔していること」をテーマにアンケートを行っています。回答はこちらから。https://questant.jp/q/Y85X563S

「信じてしまった自分が悪いのですが…」

女性は24年前に詐欺に引っ掛かり、「子供の頃から貯金が好きで貯めてきた全財産」も全て取られてしまったという。 その後は夫婦関係もギクシャクして夫と離婚。現在まで再婚せず独身貴族だと綴る。

女性は「信じてしまった自分が悪いのですが」と前置きした上で、

「預金もなく、今現在も働いても安月給でギリギリの生活をずっと続けており、あの時の預金があったらもっと余裕のある生活が出来ただろうなぁといまだに悔しさと後悔でしかありません」

と失ったものの大きさを嘆いた。当時、警察に訴えたもののまともに対応してくれず、「何でそんなの信じるかなぁ」と罵られたという。

女性は「警察って役に立たない」「いまだに大嫌いです偉そうですし!」と怒りをあらわにした。警察に八つ当たりをしても仕方ないが、最終的には泣き寝入りをするしかなかったようだ。

関連リンク

  • 9/30 6:00
  • キャリコネ

今、あなたにおすすめ

この記事のみんなのコメント

1

記事の無断転載を禁じます