A.B.C-Z、生出演中に“危険発言”連発! 「名前呼ぶな」「現在地言わないで」マネジャーが頭抱える放送に

拡大画像を見る

 A.B.C-Zが毎週火曜午後9時台に生放送で声を届けているラジオ番組『A.B.C-Z 今夜はJ's倶楽部』(NHKラジオ第1)。9月27日放送回は河合郁人、五関晃一、戸塚祥太、橋本良亮の4人がスタジオに集合し、オンエア中に塚田僚一へ電話をつないだ。塚田の口からは危うい発言が何度も飛び出し、リスナーやメンバーもヒヤヒヤの展開となった。

 この日の番組後半では、10月26日発売のニューシングル「#IMA」(イマ)をラジオ初解禁。ここで、戸塚が「塚ちゃんと電話がつながってます。もしもし塚田さん~」と呼びかけたところ、「あの……月見のB.B.Pセットをお願いします」との声が。塚田は何やらオーダーをしている様子だった。

 五関が「電話つながってるぞ!」とお知らせすると、塚田は「今、新横浜(神奈川県)のファーストキッチンにいる」と無邪気に報告。河合は「いや、言わなくていいのよ」と笑いながら制止したが、「今、降りたの? 新横浜で」と聞くと、塚田はまたしても「ファーストキッチンにいるんだけど、1回お店出る」「ルノアール入る? 1回。2階にルノアールあるんだけど」と自身の居場所を包み隠さず明かした。

 これには河合も「ちょっとあの……居場所特定しやすくなるから(笑)」と注意。一方、塚田は「どうすればいいの?」と移動中の電話出演に困惑しており、「マキシマくんがめっちゃテンパってる。車に向かって歩く? OK、行こう」「マキシマくん、めっちゃ走ってる(笑)」と、今度は同行者の個人名を連呼。

 その後、再び塚田に話を振るも、「ヤバい。マキシマくんがめっちゃ頭抱えてる」とのこと。すかさず、橋本らは「名前呼ぶなって」と、あきれながらツッコんでいた。そんな中で新曲を流した後、Twitter上でファンの反応を見たという五関が「曲の感想と同じぐらいマネジャーさんの名前来ちゃってるからね、Twitterで」と嘆き、橋本は「ホントやめてほしい」と不機嫌そうにボソリ。

 一方の塚田は、エンディングでも「すみません。領収書、『塚田』でお願いします」と話す声が入るなど、自由奔放さを見せていたのだった。

 こうした生放送中の“アクシデント”に対し、ファンは「塚ちゃん、居場所が特定されちゃうから気をつけて」「生放送だし、居場所を言ったら乗る車も特定されちゃうよ」「ジャニーズがそこまで居場所を教えちゃっていいの!?」と心配。

 また、「現在地もマネジャーさんの名前をペラるのも危険」「ラジオに出ながらお店で買い物しないで! 公共の電波で現在地を言わないで!」「電話出演はうれしかったけど、居場所を特定できる発言やマネジャーさんの名前を出したのはどうかと思う」「マネジャーさんが頭を抱えた原因は塚ちゃんなのでは……」とあきれたコメントも上がっている。

 実際に、ラジオ出演中に塚田が買い物をしていたのかどうかは定かではないが、本人は番組終了後の午後10時23分にA.B.C-Zの公式Twitterを更新。新曲のタイトルにかけて「#IMA 新横浜です! 牛丼買って帰ったよ」とビニール袋を持つ自撮り写真をアップした。

 前述のツイートのリプライ欄でも「現在地を言うのは心配になるからやめて」などと忠告を受けていただけに、今後とも生放送やSNSでの情報発信は十分に警戒してほしいものだ。

  • 9/29 8:00
  • サイゾーウーマン

今、あなたにおすすめ

記事の無断転載を禁じます