“世界一の美女”元AFTERSCHOOLの韓国女優・ナナ「突然の全身タトゥーはガチ」!? 「メンタル心配」の声に「話せる日がくるかも」の意味深発言も!【画像】

拡大画像を見る

 韓国のアイドルグループ・AFTERSCHOOL出身で女優やモデルとして活動中のナナ(31)のある行為が今、世間を騒がせている。

「2014年と2015年の2年連続で『TC Candler』が発表している『世界で最も美しい顔100人』の1位に輝き“世界一の美女”としても知られているナナが9月20日、自身のインスタグラムを更新。肩や腕、足などの全身にクモやチョウ、アメリカの人気キャラクターなどのタトゥーがびっしりと描かれた衝撃的な姿を公開し、ファンたちを驚かせたのです」(芸能関係者)

 しかし、徐々にタトゥーが増えていったわけではなく、ナナの場合はある日突然、全身に無数のカジュアルなイメージのタトゥーが出現したとあって、誰もが “流行りのタトゥーシールに違いない”と思っていたようだ。

「タトゥーシールは今、再ブームの兆しがあって、日本の女優の仲里依紗(32)も今年8月にアメリカのロサンゼルスを長男らと訪れた際に、2週間ほどで消える『inkbox』というタトゥーシールを全身に入れ、”期間限定のタトゥー生活“を楽しんでいましたからね」(前出の芸能関係者)

 しかし、ここに来て「ナナのタトゥーは本物なのではないか?」との声が上がり始めたのだそう。その理由は……。

「韓国の芸能情報サイト『WoW!Korea(ワウコリア)』が9月26日、『“全身タトゥー”は本物だった?タトゥーイストの作品写真にナナ(AFTERSCHOOL)の腕』というニュースを配信したのです。

 記事によると、9月25日、韓国のオンラインコミュニティー上に、あるタトゥーアーティストが自身で彫ったとされる女性のタトゥー画像が大量にアップされたのだそうです。その画像のタトゥーが、ナナが最近、自身のインスタグラムにアップしたものと、位置も柄もそっくりであることから、“ナナの身体に本物のタトゥーを彫ったアーティストによる画像がアップされているのではないか?”とネットユーザーたちによって特定されているようだ、と報じられています」(前出の芸能関係者)

 この記事を読んだファンたちからは、「ナナのタトゥーまじか!」「短期間であんなに入れたとしたら精神状態がマジ心配」「突如全身に入ったタトゥーが本物だと知って超ビックリ」「一気にあの量は普通じゃない」「女優業やモデル業に支障出ないか心配」「女優生命も終わりだよね」など、ナナの今後の仕事や精神面を心配する声が多数上がっている。

 9月27日に行われたNetflixオリジナルドラマ『グリッチ -青い閃光の記憶-』の制作発表会に参加したナナは、世間を騒がせている自分のタトゥーに関して「機会がきたら、私がなぜタトゥーを入れたのか、または入れなかったのかを話せる日がくるのかもしれません」と意味深な発言を残している。

 はたしてナナの全身タトゥーは本物なのか、はたまたフェイクなのか……。真実が彼女の口から語られる日がくるのだろうか?

※ナナのインスタグラムアカウント「@jin_a_nana」より

関連リンク

  • 9/29 7:05
  • 日刊大衆

今、あなたにおすすめ

記事の無断転載を禁じます