東野幸治は「芸能界の危険物処理班」渡部建を”笑い”に昇華した神業バランス

拡大画像を見る

 東野幸治が26日に自身のYouTubeチャンネルを更新。アンジャッシュの渡部建とのランチ動画を公開し、まさかの「食レポ」をさせるという展開で視聴者を驚かせた。ある意味で「危険物」ともいえる渡部を上手にさばいた手腕に注目が集まっている。

 今月8日にYahoo!ニュースのオリジナルコンテンツ「RED Chair+」で対談していた2人。今回の動画では、渡部が通っている東京・中目黒の「ランチで1万3000円」という高級すし店で撮影。渡部は「今までの僕だったら周りの目を気にして庶民的な店を選んでいた。もう今は好感度を意識する必要がないので」とし、東野に本当においしいものを食べてもらいたいという思いからリアルな行きつけの店を選んだと明かした。

 渡部がイシダイの刺身を口にした瞬間、東野は「ぶり返すようであれですけど、2年前あったじゃないですかいろいろ。(そのせいで)味覚障害とかにはなってないんですか?」と最悪のタイミングを見計らってチクリ。渡部は苦笑しながら「食欲はもちろんなくなりました。徐々に復活したという感じです。外食も当然できなかったです」と返したが、これにも東野は「本当ですか?」と毒のあるツッコミを入れた。

 続けて、東野は「もうテレビですることもないと思うんで」と毒舌混じりで、かつて「グルメ王」として名を馳せた渡部に食レポを無茶ぶり。渡部は「白身の最高到達点」などと真面目に食レポしたが、東野はそれを見ながら遠慮なしで大爆笑。さらに、渡部は東野の悪ノリによって決めゼリフにしていた「ファーストタッチが全然違う」というフレーズまで披露させられた。

 渡部といえば、2020年6月に「多目的トイレ不倫」を報じられて活動を休止。今年2月に活動再開を発表したが、現状でのメディア露出は千葉テレビのレギュラー番組『白黒アンジャッシュ』のみとなっている。

 いまだに世間の「渡部アレルギー」は根強く、もし彼を起用すればテレビ局やスポンサー、共演者にまでバッシングが飛び火しかねない。いわば「危険物」のような存在だが、今回の動画では東野が渡部をイジリ倒したこともあって、コメント欄には「東野の意地悪い笑い方が最高」「渡部の食レポでお腹抱えるほど爆笑する日がくるとは」「渡部、東野さんとのコンビでもっとYouTubeに出たらいいのに」といった好意的な意見が相次いだ。

 当然ながら「この人の食レポなんて見たくない」といった声もあるにはあるが、今までの渡部の置かれていた状況からは考えられないほどの好評ぶりだ。

 同チャンネルでは、自身の不祥事や相方のトラブルなどで何度も謝罪動画を出しているTKO・木下隆行を呼び出して「謝罪がなぁなぁになってきている」と検証するなど、東野らしい“意地の悪さ”が全開になった動画なども公開。こちらも下手すれば自身が炎上しかねないが、敵とも味方ともいえない絶妙な距離感によって彼にしかできない笑いに昇華している。

 この抜群のバランス感覚はテレビでも発揮され、司会を務める情報バラエティ番組『ワイドナショー』(フジテレビ系)では出演者たちのヒヤっとするような過激なコメントや暴走ぶりを上手にコントロールし、各方面に配慮しつつも無難すぎる展開にならないように場を制御している。

 無類のゴシップ好きで、仕事と無関係のプライベートでスキャンダルの当事者に会いに行くこともあるといい、そうした好奇心の強さとバランス感覚があるからこそ、渡部や木下のような「危険物」をあえてイジり倒し、笑いにするという芸当ができるのだろう。

 長年にわたって売れっ子として活躍しているのに、好感を持つ層が限定されていることから「CMゼロ」という稀有な存在でもあり、ラジオ番組を打診されたものの「スポンサーがつかなかった」との理由で流れたという逸話もある。

 「人間の感情がない」「白い悪魔」などとも称され、好感度は決して高くないのに笑いにおいては絶対的な信頼感があり、誰もまともに手を出せなかった渡部まで笑いに変えてしまった東野。芸人最高峰ともいえるバランス感覚によって、今後は芸能界における「危険物処理班」の側面を強めていくのかもしれない。

  • 9/28 21:00
  • サイゾー

今、あなたにおすすめ

記事の無断転載を禁じます