SnowMan深澤に「一番ダサい」痛烈批判!「女性にケチ」「自分から告白しない」恋愛観に弘中アナ、田中みな実が悲鳴

拡大画像を見る

 9月25日放送の『あざとくて何が悪いの?』(テレビ朝日)に、SnowManの阿部亮平(28)、と深澤辰哉(30)が登場。深澤が独特の恋愛観を披露し、田中みな実(35)、弘中綾香アナ(31)をドン引きさせる場面があった。

 番組では若い男女の恋愛を描いた「あざと連ドラ」をVTRで流し、その内容について出演者がトークを展開。

 男女が雰囲気のいいお店でデートしてる最中、ポテトについて「美味しすぎるもん。一生食べれる。もう1個頼んでいい?」という女性に対し、「せっかく初めてきた店なんだから、どうせなら違うの頼みなよ。ちなみに俺はもう、お腹いっぱい」と返した男性の対応について、意見が交わされた。

 阿部がこのシーンについて「男だったら、好きなもの全部頼んで、“食べられなかったら俺全部食べるからいいよ”って言ってあげたい」とコメントすると、田中、弘中アナは「一番良い!」と絶賛。南海キャンディーズの山里亮太(45)も「ポテトのくだりの正解はソレ!」と評価した。

しかし、「スッゲエ!」と反応した深澤に田中が「アレ?」と気づくと、深澤は「絶対に食べないっすね」と回答。

 田中が「なんでポテトおかわりダメなの?」と返すと、「別にお腹いっぱいだったら……」といい、「恥ずかしいけどもうちょっと食べたいかも」って感じなのだと、女子の気持ちを代弁する田中に「いや、お高いですしね」と返した。

 この発言に、女性陣は「ええ~!!!」と絶叫。山里は「今まであのシーンを語った人の中で一番ダサい!!」と糾弾。弘中アナは「絶対お金のことは言ってほしくないです」といい、田中は「帰りにファーストフードとか寄って“ポテト買う?”とか言われたら嫌じゃない?」と怒りをあらわにした。

 そんな深澤について、阿部が「いやでも普段はこんなこと言わないんです。メンバーとご飯行っても率先してお金出してくれたり、すごい男気もあるんです」とフォロー。

 しかし、田中は「でも、女性には出さないタイプなんじゃない?」と追撃。深澤は「まあそうすね、気の許した相手だと言っちゃうかもしれないですね」といい、山里が「初回(のデート)だったら、お腹いっぱいでも無理して食べれる?」と質問したが、「無理しては食べられない」と回答。

 山里が「あそこのダメなポイント見えてないんだもんね」と呆れると、「今んとこそうすね。僕も同じことしちゃうかもな……」と、正直すぎる感想を述べていた。

 さらにドラマで男性が「俺らつきあってみない?」と告白したシーンについて、「シンプルにすごいな、って思っちゃいました」「僕だったらまず、自分から告白できない」といい、「すごい好きな子がいたらどうするの?」と問われ「僕からは言えないので、“好きな子いるの?”って遠回しに攻めて、最終的に告白してもらいたい」と自分の願望を吐露した。

 田中に「確証が持てても、自分からは言わないんでしょ?」と問われ、深澤は設定が学校だったら、と前置きし「好きな人いる? それ同じクラス? 普段仲いいの? ちょっと待ってね、それってちなみに誰?」と展開し、「もうわかるじゃん!」と言われたら「俺ってこと?」と返す、と説明。

 田中は「確かにこっちが言ってる!」と驚いていた。

ジャニーズ関連の記事を手がける女性誌の記者は深澤についてこう語る。

「雑誌のインタビューで“グイグイ来てくれたほうがうれしい”と語るなど、今回披露された深澤の恋愛観は、昔から一貫しています。ファンからSnowManのリアコ枠(リアコ=リアルに恋してる)と呼ばれていますが、恋愛下手な感じ、30代なのに恋愛を語る時の設定が学生時代のまま、といった奥手なキャラクターが逆にファンを惹きつけています。恋愛には臆病だが、“プロポーズは自分からしたい”という、一途なキャラクターにファンはドギマギするようです」

 2021年8月9日にリリースした1stアルバム『Snow Mania S1』(スノーマニアエスワン)が、1stアルバムでは令和初のミリオン達成作品となったSnow Man。

 2ndアルバム『Snow Labo. S2』(スノーラボエスツー)が、初週89.1万枚を売り上げ、9月27日発表の最新「オリコン週間アルバムランキング」で初登場1位を獲得するなど絶好調。その勢いはまだまだ止まらない!

関連リンク

  • 9/28 21:20
  • 日刊大衆

今、あなたにおすすめ

記事の無断転載を禁じます