エンリケ、シャンパンサロン死亡事故直後に“ドンペリ像と記念写真”! 夫の動画公開に疑問の声

 自身の会社が手掛けるシャンパンサロンで起きた客の急死事故や、買取事業の出資法違反疑惑や返金トラブルが立て続けに「週刊文春」(文藝春秋)に報じられ、炎上状態が続いている実業家・エンリケ。9月27日には、夫でビジネスパートナーでもある“ブタさん”が、自身のYouTubeチャンネル「豚さんチャンネル」にエンリケの動画を投稿したが、ネット上では批判が相次いでいる。

 騒動をきっかけに、エンリケと離婚を前提に別居していたブタさんだが、27日までにインスタグラムのストーリーズ(24時間限定公開)で「離婚するのやーめた」と夫婦関係の修復を示唆。

 さらに、「お蔵入りになっちゃう動画なので豚さんチャンネルで上げます」として、「シャンパーニュ地方へオリジナルシャンパンを作りに行ってきました!」と題した動画を投稿。その内容は、エンリケが“オリジナルエンリケシャンパン”を作るために、「今からシャンパーニュ地方に商談しに行こうと思いまーす」と、シャンパーニュ地方のメゾンを回り、試飲を繰り返すというもの。

「エンリケ夫妻といえば、6月28日に起きたシャンパンサロンでの死亡事故直後に、フランスやギリシャに旅行に行っていたことが発覚。7月27日には、エンリケが“パリコレ”を訪れる様子をYouTubeで公開しましたが、“文春砲”後、コメント欄には『人が死んでるのに旅行か』『お呼ばれのファッションショーが大切で喪に服さないなんて』といった否定的な書き込みが相次いでいました。ブタさんはこうした反応を受けてか、9月27日にストーリーズで、フランスへ行った目的は、パリコレだけでなく『エンリケシャンパンリリースのために 実はシャンパーニュ地方に行ってたんだよね』と言及し、その時の動画をアップしたわけです」(芸能記者)

 ブタさんは、旅行の目的は“仕事”だったとアピールし、エンリケへの批判を止めたかったのかもしれないが、動画のコメント欄には「これのどこで挽回できると思った? 死者が出たシャンパンサロンに出すためのシャンパンを作りに行くからOKだと?」「エンリケさんも了承して出した動画だとしたら、本当やばい」「行かなくてよかった案件。なんでこれ出したんだろ」などと疑問の声が並んでおり、「火に油を注ぐ事態となっている」(同)ようだ。

 なおエンリケは、9月17日に自身のYouTubeチャンネルで謝罪動画を公開。その中で、「問題となっている買い取りパートナーの件ですが、私自身、何も把握しておらず、夫に任せきりでいました。夫のことは心から信頼していたパートナーでしたが、実際は彼の説明とはまったく違う事実が次々と発覚していきました」と自身の直接的な関与を否定していた。

「ブタさんは27日にストーリーズで『近々本人の本当の言葉の発信がありますよ!!』とエンリケから何らかの発信があることを予告。ブタさんいわく、エンリケはこれまで、自身が依頼した弁護士から指示を受けて“洗脳状態”にあったといいます。ただ、ブタさんの一部の支持者を除いては、『離婚するとかしないとかどうでもいいから、ちゃんと謝罪するのが先だろ』『そんなことより、さっさとお金を返してあげて』と冷めた声が目立つ。夫婦関係や内情の暴露を繰り返すブタさんに対し、自分本位なイメージを抱く人も多いようです」(同)

 新たな動画では、ドン・ピエール・ペリニヨンの像と一緒に記念写真を撮るなど、本場のメゾンめぐりを楽しんでいるエンリケ。“仕事で行った”というアピールは、プラスに働くだろうか。

  • 9/28 12:55
  • サイゾーウーマン

今、あなたにおすすめ

記事の無断転載を禁じます