『水ダウ』で物議を醸したおいでやす小田「閉所恐怖症」事件と芸人へのリスペクト

拡大画像を見る

 9月21日に放送された『水曜日のダウンタウン』(TBS)がまたまた、ネット上で物議を醸している。これまでも何度か、波紋を呼んできた番組だが、今回も予期せぬ部分でかなりの波紋を呼んでしまった。

 一体何が問題だったのか。今回はその辺りを元芸人目線で軽掘りしたいと思う。

 番組の前半コーナーで「お化け屋敷のルート中にお化けメイクされて捕えられてたら、めちゃ助けてもらいづらい説」という説の検証が行われた。

 検証のターゲットとなった芸人たちが、目隠しをされたまま、落ち武者やゾンビなどのメイクを施され、箱や鎖で動けない状態で営業中のお化け屋敷に放置される。そして自身も状況が分からない中、お化け屋敷に来たお客さんに助けてもらえるのかというのを検証した。

 全部で4人の芸人がターゲットとなったのだが、その中の1人「おいでやす小田」さんが予期せず今回の、波紋の中心となってしまった。

 小田さんは特にメイクされることもなく、目隠しをされたまま立て掛けられている棺桶の中に。外側からは鎖で縛られ、自力で出ることは不可能。そしてスタッフから、自身が箱の中に閉じ込められていること、さらに近くに鍵があるからそれで脱出するように伝えられ、スタッフはその場から離れた。

 そして企画がスタートするが、開始早々小田さんに異変が起きる。いつも通りあの大声で騒ぎ立てるのかと思われたが、少しの静寂があり小田さんはこう言い始める。

「あ、すみません。スタッフさん。ちょっとマジです。ちょっとパニック……すみません。ちょっと呼吸……ちょっと呼吸が」と。

 そして顔を両手で覆ったまま呼吸が荒くなり、慌ててスタッフさんが鍵を開けて救出。どうやら本人も知らなかったらしいのだが「閉所恐怖症」だったのだ。

 少し休憩し、改めて事情を聞かれた小田さんは「ここまでのことしたことないんで、ちょっと知らなかったですけど自分でも」「ほんまに無理なやつかもしれないこれ」「閉所恐怖症ってやつですねたぶんいわゆる」とコメント。そしてその後はロケの内容をシンプルにお化け屋敷を回るというものに変更され、いつものように大声でリアクションを取り笑いを起こしていた。

 ネット上では「小田さんを潰す気か」「見てて笑えるものではなかった」「放送しないでほしかった」などの声が上がった。

 確かにそう言いたくなる気持ちもわかる。ではなぜ放送したのか。

 これはあくまでも僕の憶測だが、おそらく小田さんという芸人に対する愛情から放送したと考えられる。本来ならこの手のハプニングはお蔵入りにしてしまえば良い。そうすれば何も無かったことになり、波紋など呼ぶこともない。

 だがわざわざ放送したのは、小田さんが閉所恐怖症でパニックになった部分を見せたかったのではなく、たぶんその後の芸人としてのプライドを持って全力で大声を出しながら、お化け屋敷を回る姿を見せたかったのではないだろうか。

 普通ならパニックに陥った後、多少休憩をしたからといってすぐにいつものテンションになれるわけがない。ロケを中止し帰っても誰も、文句を言わない状況だが、小田さんは自分を呼んでくれた番組に対して最後まで、芸人としての意地を貫き通し笑いを起こそうとしたのだ。

 確かに見ていて小田さんが可哀相に見えた一面もある。芸人としてはあまりにもシリアスに映ってしまい、マイナスプロモーションになってしまうかもしれない。だが、おいでやす小田という芸人のカッコよさと、起こした笑いを視聴者に届ける為にあえて、カットせずオンエアしたのではないだろうか。

 小田さんに対する敬意はそれで充分伝わるのだが、一方で閉所恐怖症を持っている人に対してては、番組サイドの配慮が足りなかったように見えた。

 実は僕も閉所恐怖症である。

 映像を見ていて自分がその場にいるような感覚に陥り呼吸がしづらくなる。想像や妄想するのを止めようと思っても一度、軽くパニックになってしまったらそう簡単には元には戻らない。他の番組を見たり、歩き回って気を逸らしたり、そして深呼吸をして徐々に呼吸を整え、少しずついつもの状態に戻してく。あの放送を見て僕と同じように若干、パニック状態になった人も少なくないだろう。

 これが元々ドキュメンタリー番組や、そういったパニック症状を特集するような番組ならこちらも予防線を張れるのだが、まさかバラエティ番組でこのような光景を見るとは思ってもいないので、不意打ちをくらってしまったのだ。

 コンプライアンスが厳しくなりバラエティ番組で出来るお笑いの幅が狭まる一方で、芸人が見せるものはネタなどのお笑いだけではなくなり、逆に広がっていると言える。

 バラエティ番組の衰退化が囁かれる今、存続の為にやれる範囲のことをやるのは生き残る為には必要な事かもしれないが、昔ならお蔵入りになるような映像は、やはりお蔵入りにするべき理由があるのではないだろうか。

バラエティ番組には昔から「演出」というものがある。あまり過剰な演出をすると「ヤラセ」となってしまうが、視聴者を楽しませるためには何でもかんでも真実を伝えるのではなく、ある程度のフィクションがあってしかるべきだと僕は思う。

 今バラエティ番組に必要なのは法令順守ではなく、原点回帰なのかもしれない。

  

  • 9/28 11:30
  • サイゾー

今、あなたにおすすめ

この記事のみんなのコメント

3
  • 記事の内容には何もモンクはありません。少し文章が長いけど、分かりやすく様子がよく伝わる内容だと思います。気になったのは、文中の『ネット上の声』です。その中のひとつに、「放送しないでほしかった」というのがあります。とても、とっても、自分主体の意見ですよね。自分が見なければ小田がどうなっていようがかまわない。自分さえ良ければ…の典型的な考え方ですよね。一部視聴者の自分勝手さを垣間見た気がしました。

  • クロちゃんもかわいそう。

  • グレイス

    9/29 11:52

    この企画に関してのみ言えば、他に3人も芸人を使っている以上、簡単にはお蔵入りにはできなかっただろう。流れ的に小田さんの部分だけ削除することも難しそうだった。仮にお化け屋敷巡りに変更せず、そのまま帰ってもらったとしても、だ。ただ確かに視聴者に閉所恐怖症の人がいる可能性を配慮すべきだった。画面を一旦静止して注意喚起の字幕を出すなどすべきだった。

記事の無断転載を禁じます