水原希子のぶっちゃけトークにサバンナ高橋が心配「そんな話、していいの?」

拡大画像を見る

民放公式テレビ配信サービス「TVer」では、9月16日より「TVerでととのう サウナ番組大特集」と題し、初心者からヘビーサウナーまで楽しめるサウナ番組 170本超がすべて無料で楽しめる。サウナ好きの高橋茂雄(サバンナ)がゲストをサウナに招き、“ととのった”ところで話を伺うサウナトーク番組『サバンナ高橋の、サウナの神さま』(TOKYO MX、隔週木曜21:25~)から、水原希子出演回(7月14日放送分)をピックアップする。

「人生をときめかせる5つの質問」では、「最近買った一番安い服の値段は?」に対して、999円のマイクロミニスカートと答えた水原。自身の太ももを指して「これくらい、パンツも見えますねっていう」と極端に短い丈であることを説明すると、高橋は「パンツ見える世界が来たんですか?」と大興奮。そのスカートは「メルカリ」で買ったが、実際に届くと「パンツ見えるやんってなって、どうしようって思ってます」と悩んでいるそう。

モデルという職業柄、服は大好きで増えていく一方とあって、3か月に1回は断捨離。「メルカリで売るものもあれば。自分でちゃんと説明も書いて」と、庶民的な方法で手離していることを明かす。「友だちと合同でフリマやったり。自分のインスタでアナウンスしている」ため、購入希望者が殺到。「めっちゃありがたかったです」と親近感を抱かせた。

16歳のとき、単身で上京した水原。その理由を、「好きな人ができて、飛びだしてきて」とぶっちゃけ。高橋から「そんな話、していいの?」と心配されながらも、「大丈夫です。でもね、何にも実らなかったんですよ。ウンともスンとも言わない感じ。(当時は)田舎娘みたいな感じだったと思うので」と赤裸々トーク。「今やったらイケるでしょ? その男」と切りこむ高橋に、「私がイケないので、その人(笑)。もう興味はない」とバッサリ。現在は気が合う人が良いといい、海好きなこともあり「ナショナルジオグラフィックの写真を撮ってる人と付き合いたい」という願望があることを明かした。

関連リンク

  • 9/28 13:00
  • TVerプラス

今、あなたにおすすめ

記事の無断転載を禁じます