「逮捕、逮捕!」九段下騒然 怒号と涙の安倍元総理の国葬現場

吉田元首相以来の国葬は国民にどう評価されるのか。

27日、安倍晋三元総理の国葬を控えて、山上容疑者を描いた映画「REVOLUTION+1」(足立正生監督)が公開され、ジャーナリスト鈴木エイト氏の著書「自民党の統一教会汚染 追跡3000日」(小学館)が発刊。
「まだ統一教会騒動は続きますかね」と永田町関係者は眉をひそめる。各媒体の世論調査では国民の6割以上が「反対」している安倍元総理の国葬(国葬儀と呼んでいるがここでは国葬とする)。

都内、千代田区に近づくにつれ道路規制は厳しくなり、あちこちで渋滞が起きていた。首都高速の入り口を閉鎖しているので、一般道が混むのは当然。

四谷近くになると長い人の行列が出来ていた。靖国通り沿いの歩道は狭いので、自然とここも渋滞になってしまう。安倍元総理国葬へ一般献花に向かう人々だ。黒い服に身を包み、花束を持っている人も散見される。

国葬は歓迎されているのか……? 静かな行進だ。

が、靖国神社を過ぎ九段下へ向かうにつれ、メガフォンから聞こえてくる警察官たちの声が耳に入ってきた。

「立ち止まらないでください」「特に点字ブロックの上には立ち止まらないでください」といった内容だ。

そして九段下の交差点が最も、騒然としていた。「国葬反対」というビラを持った人。マイクで「こ・く・そ・う・はんたい!」とリズムをつけて叫ぶ団体。

日本武道館、靖国通り沿いには警察車両の他、フルスモークのマイクロバスが100mあまりの長い縦列駐車を作っていた。武道館前は通禁止の為、道路に飛び出す人を阻止するためだ。マイクロバスを見ると全部「わ」ナンバー。トヨタレンタリース各支店から借りてきたものだった。

すると、一人の男性を警察官5,6人で取り囲んで「逮捕、逮捕!」という声。この声は警察官が発したものか、分からない。ただ映像を見ると混雑した道路に嫌気がさしたのか、近道をしようとした男性を取り押さえていた。それを見た別の男性が「乱暴はしないで下さい!」と抗議をする。確かに近道をしようとしただけなのに大袈裟ではあるが、安倍元総理の警備が手薄だった事が指摘されている警察では、少しの騒ぎでも逮捕もあり得るという事だろう(この男性は注意されそのまま去って行った)。

葬儀とは普通、しめやかに行われるものではないだろうか。これでは送られる安倍元総理が気の毒にさえ思えてくる。岸田総理の判断ミス。そして拙速だったと思う。

道行く人には日本武道館に向かって手を合わせている人。歩きながら涙する人もいた。

そして、九段下を離れると違う人ごみが。学生やサラリーマンたちだ。

「お祭り、お祭り」(サラリーマン風の男性)

「単位、どうする?」(女子大生と思われる女性たち)

の声が聞こえ、あっという間に日常へと空間は変わっていった。(文・写真@久田将義)

関連リンク

  • 9/27 17:15
  • TABLO

今、あなたにおすすめ

記事の無断転載を禁じます