水谷豊『相棒』寺脇復活初回に“いやーな”シンクロ!ロシア日本領事「スパイ容疑と国外追放」衝撃事件と「ペルソナ・ノン・グラータ」

拡大画像を見る

 10月12日、満を持してSeason21の初回放送が控えている水谷豊(70)主演の人気刑事ドラマ『相棒』(テレビ朝日系)。今シーズンは寺脇康文(60)演じる“初代相棒”の亀山薫が“5代目相棒”として14年ぶりのカムバックをすること、第1話の予告はまるで劇場版のようなクオリティdであること、初回のゲストが『鎌倉殿の13人』で話題の宮澤エマ(33)であることなどから、放送前から大いに期待が寄せられていたが、ここに来て現実で「シンクロ」する事件が発生したという。

「9月27日、テレビでは『スッキリ』(日本テレビ系)など朝の情報番組などが取り上げていましたが、26日、ロシアのウラジオストク日本総領事館に勤務する領事が、“ロシアの安全を損なう行為をした”とのスパイ容疑で拘束され、国外退去を命じられたんです」(全国紙記者)

 報道によれば、ロシア連邦保安局は日本レストランらしき場所で人物2人が会話する様子を隠し撮り。該当の領事について「ロシアとある国との協力関係や、経済制裁の影響に関する機密情報を、報酬を渡して入手した」と主張。ロシア外務省は在モスクワ日本大使館の幹部を呼び出し、「安全保障上の利益を害する」として、48時間以内に国外退去するように命じたという。

 これに対し日本大使館は「外交官を拘束して取り調べる」というロシア側の行為が、国際条約違反として「決して受け入れられない」とコメントを発表。「国外退去命令も不当な理由によるもので遺憾」と抗議したことを明かしている。

「今回の事件の報道などで登場したのが、ラテン語の“ペルソナ・ノン・グラータ”という言葉です。“好ましからざる人物”を意味しますが、国際的な外交用語として“外交使節を交換している国家間で、接受国が、派遣国に対し、外交使節団の構成員(外交使節および職員)である特定の者の受け入れ、滞在を拒否する通告”という意味で使われています」(前同)

 今回の日本の領事について、ロシア側は「ペルソナ・ノン・グラータ」と主張し48時間以内の出国を命じている。実は、この「ペルソナ・ノン・グラータ」が『相棒』と深すぎるかかわりがある、ということだ。

「『ペルソナ・ノン・グラータ』は、まさに放送間近のシーズン21第1話のタイトルなんです。

 予告動画にチラッと映った亀山夫妻の名前が書かれた書類には英語で“政府は彼らを……と決定した” 、“我々の国家安全保障と問題……”と読める部分があること、その書類にある”Depor…”という文字は““Deportation Order=退去命令”とあることなどから、タイトルと合わせて陰謀に巻き込まれた亀山が国外退去を命じられ、日本でまた右京さん(水谷)とタッグを組むんじゃないかという考察もありますね」(専門誌記者)

 今回の報道にSNSでは、

《#相棒 新シリーズ初回のサブタイトルが「ペルソナ・ノン・グラータ」。何というか、"持ってる"という一言を呑み込んでしまうような巡り合わせだな。》《ペルソナ・ノン・グラータを相棒の前にリアルで見ることになるとは…》《相棒のペルソナ・ノン・グラータってそういうことなんだと理解した》

 と、大いに反響があったとともに、「亀山薫サルウィン追放説」に、改めて確信を持つファンも見受けられた。

 思わぬ形で現実とシンクロすることになってしまった『相棒』。素直に喜べないだろうが、注目度が上がったことだけは間違いないだろうーー。

関連リンク

  • 9/27 17:00
  • 日刊大衆

今、あなたにおすすめ

記事の無断転載を禁じます