東出昌大、「山生活インタビュー」“タバコ&ドヤ顔写真”の大痛恨!“『ちむどんどん』超え”バッシング「養育費払え」の大合唱!!子どもとのリモート面会もナシ!?

拡大画像を見る

 9月27日発売の『週刊女性』(主婦と生活社)及び同日配信の『週刊女性PRIME』に掲載された俳優・東出昌大(35)のインタビュー記事に対して、SNSでは厳しい声が殺到している。

 東出は、9月7日発売の季刊ムック『週刊文春CINEMA! 2022秋号』(文藝春秋)のインタビューに応じ、現在の生活や不倫が報じられた当時の心境を赤裸々に語っていた。

 2020年1月、『週刊文春』(文藝春秋)に唐田えりか(25)との3年にわたる不倫をスクープされ、同年8月に元妻の杏(36)との離婚を発表した東出。

 2021年10月には、広島県で行なわれた映画のロケの宿泊先に交際女性を呼び寄せていたことも報じられ、今年2月には事務所との契約を解除されている。

 そんな東出は、かねてより狩猟に魅了されていると報じられており、現在は関東近郊の山にこもって猪や鹿などを狩り、自らさばいて料理をしているという。

『週刊文春CINEMA!』では、インタビュアーらを実際に生活する山小屋に招き入れ、お手製の鹿肉カレーなどを振る舞いつつ、狩猟にハマった経緯や現在の生活について明かしている。

 口やあごに髭を蓄えてワイルドな風貌になった東出は「あのときは本当にグチャグチャでした」と当時の心境を告白。事務所退所後はマネージャーをつけることなく、1人でマネジメントも行なっており、撮影が入ると山を下りて現場に向かうという。

 この記事を受け、『週刊女性』が山小屋に実際に行ってみたところ、「憶測で書かれるのはイヤなので」という理由で、東出本人が取材に応じてくれたようだ。

 東出は山小屋で生活するようになった経緯、その山小屋では携帯電話の電波もつながらず、トイレも汲み取り式で、電気は通っているもののガスと水道も通っていないと、その生活ぶりを明かしている。

 1人で狩りを行ない、仕留めた獲物は自身でさばき、あまった部分は食肉加工工場へ持参してソーセージにしているという。また、近くで採れた山菜や、近所の住人にもらった野菜などを食べて生活しているため、食費も0円に近いという。

 記事を受けSNSには、「東出昌大、田舎で悠々自適に暮らしてるらしい。あんな高身長イケメンだったらめっちゃチヤホヤされるだろし楽しそう」「過程としてはよくないんだけど、行き着いた先はある意味羨ましいなと思った。人間こうなったら本当に強い」と好意的なコメントも寄せられている。

 しかし、それ以上に「何故ドヤってるのか、タバコは何?」「タバコ吸いながらドヤってるのも無理。。なんか全部無理。。あの演技も無理、、」「浮気した東出昌大がドヤ顔で取材受けてるのほんまおもろい」といった批判的な声が殺到している。

「記事のメインで使われているのが、東出さんがタバコをくゆらせながら足を組んで“ドヤ顔”しているような写真ですからね。この写真を撮らせてしまうところが東出さんらしいというか、これが前面にきたときに、見た人がどんなイメージを持つかを考えていないというか……。とにもかくにも、たしかにドヤ顔に見えてしまうんです」(ワイドショー関係者)

 SNSには「養育費どうしてんだろ?」「とりあえずスローライフするなとは思わないけど、養育費くらい払えよとは思う…」「ほう? 生活費がかからないなら養育費払えるよな?」「東出昌大さあ、タバコ吸ってるけどその金で養育費払わないの? やっぱりクズだわ」といった声も少なくない。

「“食費が0円なら養育費を払え”“悠々自適な生活じゃなくてしっかり稼いで1円でも多く養育費を払え”といった、養育費についての非難がズラリと並んでいますね。

 東出さんが杏さんに提示した養育費は、子ども1人につき1万円。子ども3人ですから月に計3万円だと報じられています。これには杏さんも呆れて絶句してしまったといいますし、芸能関係者からも驚きの声が上がったほどです。東出さんの現状の稼ぎからすると、そうした数字が出てくるのかもしれませんが、芸能界からも“ひどい”“一緒に仕事をしたくない”という声が、報道当時上がっていましたね。

 そのため、今回、たまたま撮られてしまったであろうタバコをくゆらせながらのドヤ顔と相まって、SNSには“養育費払え”と大合唱状態に。毎朝、放送の度に批判が殺到するNHK連続テレビ小説『ちむどんどん』以上にバッシングの声が寄せられ、『東出昌大』はツイッターのトレンド入りするほどでした」(前同)

 杏は8月末、3人の子どもとともにフランスに移住したことを報告。東出と完全に絶縁するために移住するのでは、とも言われていたが、実は離婚時の取り決めで月に1度、東出は子どもたちに会えることになっていたという。

 9月1日発売の『女性セブン』(小学館)によると、コロナ禍のため、テレビ電話になるときもあったようだが、杏は「なるべくリアルで」という思いから、都内の公園などで東出さんと子どもたちが会う機会を設けていたようだ。

 フランス移住が正式に決まった際にも、面会についてもあらためて確認があり、テレビ電話がメインとなるものの、東出が望むように、子どもたちも一緒に帰国するときには会える、という取り決めになったとされる。

「ですが、東出さんが暮らす山小屋は携帯電話の電波もつながらないといいますからね。撮影が入ると山を下りて現場に向かうという生活だといいますが、長い時間、山で過ごす生活なわけで、フランスに移住した子どもたちとテレビ電話で面会することもできないのでは、と思ってしまいますね。

 もちろん面会は月1回程度でしょうから、そのタイミングで山を下りているのかもしれませんが、そのあたりの生活ぶりも気になるところです」(前出のワイドショー関係者)

 不倫報道からもうすぐ3年が経とうとしている。元妻の杏はフランスへ渡り、元不倫相手の唐田は来年配信予定のNetflixドラマ『極悪女王』への出演など本格復活を感じさせるなか、東出への強烈な逆風は、いまだに収まる気配がなさそうだ――。

関連リンク

  • 9/27 15:35
  • 日刊大衆

今、あなたにおすすめ

記事の無断転載を禁じます