東出昌大「山小屋0円生活インタビュー」に「ヤバすぎNGワード」!“匂わせ中の匂わせ”に「それって愛人に…」

拡大画像を見る

 一度は地にまで落ちた好感度だが、少しずつ回復の兆しを見せつつある。9月27日に『週刊女性PRIME』が報じた俳優・東出昌大(34)の現在の姿と生活に、大いに注目が寄せられているのだ。

 東出といえば、15年に女優の杏(36)と結婚し3児の父親になったものの、20年1月に唐田えりか(25)と3年にわたり不倫していたことが発覚。東出と唐田は国民的に総叩きの炎上騒動となり、東出と杏は同年8月に離婚。その後も21年5月27日発売の『女性セブン』(小学館)が「養育費が子ども1人につき1万円」、同年10月に『週刊文春』(文芸春秋)「新恋人を広島のロケ先ホテルに呼び出したのがバレて事務所が激怒」、今年1月に各誌で「事務所を事実上のクビで独立」と、これまで「お騒がせ男」のイメージが強いことで知られている。

「そんな東出さんですが、もともと狩猟に興味を持っていたこともあり、現在は山籠もり生活を送っていて、仕事の際に下山しているとか、イノシシを狩ってジビエ料理を振る舞ったりしているといった生活を送っている、という話をムック『週刊文春CINEMA!』のインタビューに対して答えています。仲間の俳優を呼び、食事のために“今から鹿を獲ってくるから待ってて”と銃を担いで山へ行くという“ガチ猟師”ぶりだということですね。

 こういった件について、あらためて『週刊女性PRIME』が取材に東出の山小屋を訪れた際に、本人が“臆測で事実と違うことを書かれるのはイヤなので、きちんと自分からお話ししたい”と、東出さんが取材に応じたんですよ。

 それにしても、元妻の杏さんが今年8月に3人の子供とフランスへ移住しているなか、東出さんは山籠もりで仙人化とは、ギャップが凄まじいですよね……」(女性誌記者)

 東出によれば、昨年に狩猟の下見で訪れた際に偶然出会った人に事情を話したところ、現在の山小屋を無料で貸してもらえたとのこと。

「ここは携帯電話の電波もつながりません。トイレも汲み取り式ですし、電気は通っていますが、ガスと水道も通っていませんからね。布団もないので寝るときは寝袋を使うなど、確かに不便な部分もあります。ただ、役者でいるときは常に緊張の連続なので、ロケ弁も味がしないくらい追い込まれている状態のことも多い。でもここに来ると、食べ物もひとつひとつ美味しさを感じながら食べることができるので、僕にとってはここでの生活のほうが居心地がいいんです」

「僕がやっているのは“単独忍び”という1人で狩りをするスタイル。仕留めた獣は自らさばき、余った部分は食肉加工工場へ持っていって、ソーセージにしています。あとは近くで採れた山菜や、近所の方にいただいた野菜などを食べて生活しているので、食費も0円に近いですね」

 ということで自給自足の生活を送り、将来的に住む新しい山小屋も建設中だという。

 なお、現在の仕事状況については、1か月近く関西でドキュメンタリー作家の森達也氏が初めて手がける劇映画『福田村事件(仮)』の撮影を行っていたこと、年末から来年にかけて主演映画2作品の公開が決まっていることをそれぞれ報じていた。

「写真も掲載されていましたが、慣れた手つきで薪割りをする姿や、インタビュー後に足を組んでタバコをふかす姿などは、正直なところ不倫騒動の一件を知らなければ、素直にカッコいいと思うでしょうね。

 9月26日の『SmartFLASH』によると、煩悩を捨て“仙人化”した結果若手俳優の間でむしろ“あの生きざまがカッコよすぎるから、女性が放っておかないんだ!”という感じで“憧れの兄貴”と化しているそうです。まあ、”完全自給自足!”という内容なのに東出さんがタバコをふかして服装もキャンパースタイルであることに、ツッコミを入れる人もいますが(笑)」(前出の女性誌記者)

 実際、SNSでは相変わらず東出を批判する声は多いものの、

《東出昌大欲望のままに生きすぎだろ羨ましいわ》《なんだか叩かれていますが、決して悠々自適な生活などではないのでは。むしろ追い込んでいるように見えるのですが。》《過程としてはよくないんだけど、行き着いた先はある意味羨ましいなと思った。人間こうなったら本当に強い》

 と、好意的な声も少なくない。

「ただ、今回の報道に関しては、東出さんや関係者の発言ではない部分に、かなり“引っかかり”を覚えてしまう人が多かったようです。文脈そのものはポジティブでもネガティブでもないんですが、ワードそのものにパンチがありすぎて……」(前同)

『週刊女性PRIME』の報道では、東出に関するこんな記述があった。

《地域の猟友会メンバーや近隣住民からは“でっくん”と呼ばれているそうで、地元の人たちにも好意的に迎えられているようだ。》

「でっくん」――。

 これは、以前から東出のニックネームとして使われているワードで、17年にドラマ『あなたのことはそれほど』(TBS系)で共演した鈴木伸之(29)も使っていたが、この一言でどうしても連想してしまう女性がいる。

「まさに、不倫相手だった唐田さんですよ。不倫騒動発覚前のインタビューで、唐田さんは東出さんを“でっくん”と呼び、19年に東出さんのサインの前で写真を撮ったうえで“でっくん。。。”とインスタにつづる“匂わせ行為”をしたりしていたことが、不倫発覚後に“大匂わせ”として大炎上してしまった。

 そのせいで“でっくん”は、もはや完全に唐田さんを連想させるワードになっているんです。案の定《東出の顔を知らない猟友会にも“でっくん”って呼ばれているところ。大分じわる》《でっくんって愛人に呼ばせてた名前ですよね》《なんででっくんなんて書かせてるんだろう…》という声も、SNSにありましたね」(前同)

 山小屋で0円生活を送り、もはや「仙人化」した状態になっている東出だが、はたして過去の騒動についてはどう思っているのだろうかーー。

関連リンク

  • 9/27 12:16
  • 日刊大衆

今、あなたにおすすめ

記事の無断転載を禁じます