メイウェザーに“花束投げ捨て”の「品性下劣な男」ごぼうの党・奥野卓志代表は「酒井法子のフィクサー」だった!“銭ゲバ”「無礼」反論も“身内”からも断罪の声!!

拡大画像を見る

 9月25日にさいたまスーパーアリーナで開催された格闘技イベント「超(スーパー)RIZIN」での、プロボクシング元世界5階級制覇王者フロイド・メイウェザー・ジュニア選手(45)と総合格闘家・朝倉未来選手(30)の試合前の花束贈呈役を務めた「ごぼうの党」代表・奥野卓志氏の行動に批判が殺到している。

 奥野氏は試合前のセレモニーで、メイウェザー選手に手渡すはずだった花束を彼の目の前でリングに投げ捨てた。この仕打ちに対して、メイウェザー選手は動揺することなく、落ち着いた様子でグローブをはめたまま両手で花束を拾い上げ、セコンドに渡している。

 この試合の後、RIZINの榊原信行CEOはリングに上がり、奥野氏の行動について「本当に品性下劣な男をこのリングに上げたことを、この場を借りてお詫びしたいと思います。すみませんでした」と謝罪した。

 SNSには「あれは、日本人として恥ずかしいし日本の恥晒しだし侮辱行為になります。メイウェザーが、器が大きかったから良かったですけどね」「良い試合だったのに、花束を投げた事により全てが台無しになったね メイウェザーは対応もレジェンドだったし更に格が上がった」と奥野氏に批判が殺到した一方、メイウェザー選手を賞賛する声も多数寄せられた。

 ボクシングの世界バンタム級3団体統一王者である井上尚弥選手(29)は「エキシどうこうではなく、捨てられた花束を拾ったメイウェザーがカッコよ過ぎた。俺なら確実に拾わん。メイウェザーに謝罪したい気持ちになったのは俺だけじゃないはず」とツイート。対戦した朝倉未来選手の弟で総合格闘家の朝倉海選手(28)も「花束捨てたのはやめてほしかった、、」と嘆くなど、格闘技関係者からも批判が寄せられている。

 9月26日配信の『東スポWeb』の直撃取材に応じた奥野氏は「対戦相手へのリスペクトがない。ずっとメイウェザーにはいい印象がなく、5億とか10億払って、将来ある日本の選手がダシに使われているような気がしていて、疑問を感じていた」などとメイウェザー選手は金に汚いと話し、「誰も文句を言えない以上、やり返すじゃないが、非礼には非礼、無礼には無礼でやっただけ」と花束を投げ捨てた理由を明かした。

「メイウェザーが“商売人”なのは間違いないでしょう。奥野氏は東スポの取材にメイウェザーとのお金絡みの話をさまざましていて、両者の間ではいろいろなことがあったようですね……。

 そんな奥野氏が代表を務めるごぼうの党といえば、山田孝之(38)、山下智久(37)、ONE OK ROCKのTaka(34)などの著名人が参院選前に支持を表明し、話題を集めました。ただ、今回の奥野氏の行ないには“身内”からも非難が出ています」(夕刊紙記者)

 ごぼうの党への支持を表明し、奥野氏とYouTubeで共演するなどの交流もあるYouTuberのヒカル(31)は、26日に自身のツイッターを更新して「花束の件に関して100%奥野さんに非があると思う そこに関しては異論の余地もない」と綴った。

「IT企業をはじめ、複数の会社を経営する奥野氏は銀座に超高級会員制バーも持っていて、そこには芸能人や政財界の人物も足を運んでいます。日本文化をこよなく愛し、種を守る運動などにも力を入れていますが、反ワクチン、反マスク主義であることも堂々とアピールしています。

 今回の花束の一件からもうかがえますが、奥野氏はその豪快なスタイルゆえ、トラブルも少なくありません」(前出の夕刊紙記者)

 9月26日配信の『FRIDAYデジタル』では、奥野氏が超大物アイドルのYouTubeを仕掛けていたものの、突如そのYouTubeが消滅してトラブルになっていたとも伝えている。

 記事によると、制作費は1本あたり1000万円。出演陣にはギャラが支払われたものの、制作会社には未払いになっているという。金こそ持っているものの、こだわりや思い込みが強く、たびたび現場に介入。怒りの長文メールがひっきりなしに送られてきて、スタッフらはすっかり疲弊してしまったと『FRIDAYデジタル』は伝えている。

「そんな奥野氏が仕切っていた“超大物アイドルのYouTube”というのが、酒井法子(51)のYouTubeだったんです」(芸能プロ関係者)

 酒井は2021年5月にYouTubeチャンネル『酒井法子』を開設。YouTuberデビューを報告した初投稿動画は50万回近くの再生数を記録したものの、同年9月以降には動画の投稿がストップ。今年1月22日にはYouTubeチャンネルのほか、酒井のツイッターやインスタグラムなどのSNSアカウントが削除され、マスコミ関係者をザワつかせた。

「奥野氏は一時期、YouTubeを含めて酒井のマネジメント面も仕切っていたフィクサーだったんです。YouTubeへのこだわりも凄まじいものがあり、地上波ドラマ並みの映像を求めたといいます。

 しかし、気軽に見られることが魅力のYouTubeでやるような内容やクオリティではなく、早々に立ち行かなくなったみたいですね。視聴者もそうした映像を求めていないこともあって、酒井のYouTubeの再生数も伸び悩んだんでしょう。

 酒井のYouTubeチャンネル閉鎖から約半年後の今年6月、奥野氏はごぼうの党を立ち上げて政治活動を開始。議席は獲得できませんでしたが、存在感を示しました。しかし、今回の花束の一件では、奥野氏とごぼうの党には冷ややかな目が向けられていますよね」(前出の芸能プロ関係者)

 ごぼうの党を支持していた有名人も、今回の奥野氏の非礼な行動は決して支持できないはず。ヒカル以外からはまだコメントが出ていないようだが、はたして、これから事態はどう展開していくのだろうか――。

関連リンク

  • 9/27 6:50
  • 日刊大衆

今、あなたにおすすめ

この記事のみんなのコメント

2
  • わざわざカメラの前を狙ってあんな行動を仕掛けるって、頭が子供なんだなと理解する以外に何があるかなあ?※、あれで満足出来たとしたら自分の世界だけに浸ってその中で生きておられるのかな?※、けど全く格好よく見えず、逆にメイウェザーが最高に紳士でその伝説を増やしてあげた形だね?※

  • ごぼうの党オワコン(笑)

記事の無断転載を禁じます