ゴミ捨て場の裏で拾った子猫 ご飯を食べながら「ウマい、ウマい…!」

拡大画像を見る

2022年9月5日に、生後約1か月の子猫を拾った、飼い主(@Runa_nekoneko8)さん。

ゴミ捨て場の裏の側溝にいた子猫を保護し、るなと名付けました。

拾ったその日、連れ帰ってご飯をあげると、るなちゃんはとてもおいしそうに食べてくれたそうです。

「うまい、うまいうまい…」といいながら食べているかのような、るなちゃんの姿がコチラです。

るなちゃんは、とてもお腹が空いていたのでしょう。

何やらつぶやきながら、一心不乱にご飯を食べています!

「うにゃうにゃ」という声が「うまいうまい」という言葉に聞こえて、笑みがこぼれますね。

るなちゃんの愛らしい姿に、さまざまな声が寄せられました。

・「うまい、うまいにゃ!」っていっていますね。たくさん食べて、元気に育ってね!

・確かに、「うまい」って聞こえて笑っちゃいました。飼い主さん、るなちゃんを幸せにしてあげてください!

・かわいい。保護してもらえて、るなちゃんはホッとしていると思います。

その後、るなちゃんはたくさん食べ、元気にすくすくと育っているそうです。

これから、るなちゃんは、飼い主さんの元で幸せに暮らしていくことでしょう!

[文・構成/grape編集部]

出典 @Runa_nekoneko8

関連リンク

  • 9/26 16:37
  • grape

今、あなたにおすすめ

記事の無断転載を禁じます