二宮和也に助けられた?Hey!Say!JUMP『ドリフェス』で懸念されたメンバーの人気格差

「JUMPはあと山田涼介、中島裕翔、八乙女光の8人で活動してます。気になった方どうぞ応援の程よろしくお願いします。JUMPのファンの方、15周年おめでとう!ただまだまだ頑張れ!まだいける!これは俺からのエールだ!」

 9月24日に行われた『テレビ朝日ドリームフェスティバル2022』に、ジャニーズグループ・Hey!Say!JUMPが出演。今回は山田涼介と中島裕翔が新型コロナに感染し、休養中の八乙女光を除くメンバー5人での参加となったが、嵐・二宮和也がゲストとしてサプライズで登場。メンバーにエールを送ったり、3曲をJUMPメンバーと共に歌唱したり、会場を大いに盛り上げた。

「二宮は『どうも!Hey!Say!JUMPです』と言って登場。『家に帰ろうと思ったら、盛り上がってる会場があったから来ちゃった』とおとぼけをかましつつも、『今日だけは山田と裕翔が合体した人物だと思って下さい』と言ってJUMPファンを笑わせていました。知念侑李が『ウィークエンダー』で山田とは違ったファルセットのアレンジをしたりなどの見どころはあったものの、やはり二宮のサプライズ登場した時のえげつない歓声を聞くにつけ、メンバーは彼にだいぶ助けられていたように思います」(芸能関係者)

 実は。今回の『ドリフェス』については山田、中島の欠席が知らされた際に、ネット上で「行かない」「チケット譲ります」とのコメントが続出。空席祭りとなることも懸念したファンが「山田くん、裕翔くんが出演しないからってドリフェス行かない選択をしないで」と訴えていたほど不穏な空気が漂っていたという。

「同じジャニーズグループのSexy Zoneでも、8月に佐藤勝利が新型コロナに感染。全国ツアー『セクシーゾーン ライブツアー 2022 ザ・アリーナ』の神奈川・横浜アリーナ公演を欠席したものの、ファンにはそれほど動揺は広がらなかった。

 一方で、Hey!Say!JUMPについては、前々から人気メンバーと不人気メンバーの格差が激しいと言われ、“山田涼介とゆかいな仲間たち”と揶揄されることもしばしば。山田、知念、中島の3人はデビュー時からソロ仕事も多く、トップ3扱いで安定した人気・知名度を誇り、後に個々の仕事でキャラ立ちして伊野尾慧や有岡大貴も頭角を現してきましたが、やはり山田がいるといないのでは、ファンの盛り上がりにも大きな影響が出るようです」(女性誌ライター)

 昨年の『NHK紅白歌合戦』では、ジャニーズは5枠だったが、今年はなにわ男子、Snow Man、SixTONES、King&Princeは確定とも言われている。昨年と同じなら残るは1枠だが、15周年の節目となるHey!Say!JUMPは掴み取ることができるだろうか。

  • 9/26 11:30
  • サイゾー

今、あなたにおすすめ

記事の無断転載を禁じます