「日本人の恥を晒し、本当に悔しい」 メイウェザーへの『花束投げ捨て』に榊原CEOが謝罪

拡大画像を見る

2022年9月25日、埼玉県さいたま市にある多目的ホール『さいたまスーパーアリーナ』にて行われた総合格闘技イベント『超RIZIN』での、ある出来事が議論になっています。

この日行われたのは、格闘家の朝倉未来(あさくら・みくる)選手と、アメリカの格闘家であるフロイド・メイウェザー選手による試合。

試合前、メイウェザー選手に花束を贈呈するためリングに上がった、政治団体『ごぼうの党』の代表である奥野卓志氏は、無言で花束を床に投げ捨てたのです。

目の前で花束を投げ捨てられたメイウェザー選手は、冷静に落ちた花束を拾い上げ、セコンドにそっと手渡しました。

花束を投げ捨てられたメイウェザー 対応に「かっこよすぎる」「ごめんなさい」

メイウェザー選手がここで怒りをあらわにしたら、イベントそのものに支障が出ていた可能性もあったでしょう。

ネットでは関係者を含む多くの人がメイウェザー選手の行動を称賛し、1人の日本人として謝罪の言葉を述べました。

榊原信行CEO、メイウェザー選手への『花束投げつけ』に謝罪

同日のイベント中にリングに上がった、『超RIZIN』の運営を行う、株式会社ドリームファクトリーワールドワイドのCEOである榊原信行さん。

榊原さんはメイウェザー選手への『花束投げ捨て行為』について、このようにコメントをしました。

「超RIZIN」に続いて行われた「RIZIN」の途中でリングに上がった榊原CEOは「本当に情けない、恥ずかしい行為を働いた人間がいます。リングの中は本当に神聖な場所だし、命を懸けて闘う選手たちに、どちらを応援する、どちらのファンだとか関係なく、礼節を持って対応するべきだとそう思っています。本当に品性下劣な男をこのリングに上げたことを、この場を借りておわびしたいと思います。すみませんでした。本当に悔しいです」と謝った。

「残念なことに世界中で流れているので、日本人の恥をさらすことになったことは本当に悔しいし、2度とこういうことが起きないように全力でやります。許してください。すみません。本当に勘弁してください。ごめんなさい」と頭を下げた。

サンケイスポーツ ーより引用

写真は試合前の会見のもの

今回の花束贈呈は、最前列で観戦できるプレミアチケット『超RIZIN NFT DIGITAL TICKET』の最高額落札者が担当する決まりになっていました。

奥野氏はこのチケットを420万の最高額で落札し、メイウェザー選手への花束贈与の権利を手にしたのです。

榊原さんはメイウェザー選手への対応を深く謝罪すると同時に、騒動を起こした奥野氏の行為を強い言葉で批判。「日本人の恥をさらすことになり、本当に悔しい」と思いをあらわにしました。

今回の件に対し、榊原さん以外の多くの人からも、メイウェザー選手への謝罪の声が多数上がっています。

次回、日本でリングに上がる時は、メイウェザー選手が心を曇らさずに試合を終えることを誰もが祈っているでしょう。

[文・構成/grape編集部]

出典 サンケイスポーツ

関連リンク

  • 9/26 11:18
  • grape

今、あなたにおすすめ

この記事のみんなのコメント

5
  • 恵華 

    10/13 19:57

    金に物言わせる奴にろくな奴はいない。     オークションで権利買っても一生出禁にしてください!

  • 礼儀知らずが💢

  • トリトン

    9/28 13:54

    この奥野一応会社の社長で最近は政治団体作って選挙に出たけど全滅したらしいね。そして花束投げたのは数年前のメイウェザーに対する奥野の考えのインタビューでは非礼には非礼で返した何年か前メイウェザーが金のことばかり言ったりやったりムカついたから、それなら400万のお金かけて非礼な事したと言ってましたね。まあ腐りきった恥晒しのやつですね。何処の会社は知らないけどね。

記事の無断転載を禁じます