「いつかトラブると…」元乃木坂妻に誹謗中傷DMの元タレントは“球界の要注意人物”だった!

拡大画像を見る

 西武ライオンズの主将、源田壮亮内野手の妻で、元乃木坂46・衛藤美彩のインスタグラムに対し、西武の山田遥楓(はるか)内野手の妻から誹謗中傷のダイレクトメッセージ(DM)が数十件も送られていたことが9月21日、「文春オンライン」で報じられた。

 源田夫妻には今年1月、長男が誕生。その後、衛藤のインスタに裏アカから誹謗中傷のDMが数十件も届き、内容も次第にエスカレートしたという。源田夫妻が裁判所にDMの発信者情報開示請求をかけたところ、山田の妻だったと発覚した。

 報道を受けて源田は21日、インスタでコメントを発表。「誹謗中傷を受けることが、どれだけの精神的苦痛や身の危険を感じるものなのか、身をもって体験したことで、世の中にも訴えかけていく心持ちもございました」と情報開示請求に至った経緯を説明。ところが、フタを開けてみれば、「発信者が私たちが想像もしていなかったチームメートの奥様と特定されたことにより、全てを内々で済ませることと、当該選手から野球を奪わないで欲しいという想いを球団に相談させて頂きました」という。

 源田は「私たちが望むことはこれ以上何もございません。そして相手方のご家族への非難や誹謗中傷をなさらぬようご配慮頂ければ幸いです」と事態の沈静化を望んでいるが、球界は大騒ぎ。それもそのはず、山田の妻は元タレントで、球界内で“要注意人物”として広く知られていたからだ。

「“野球選手の妻”を夢見て合コンに精を出していたのは有名な話です。特に西武の選手との接点が非常に多かった。山田以外にも主力級の選手との親しい関係も取り沙汰されており、彼女からの“アプローチ”には気をつけろと…」(球界関係者)

 山田の妻のSNSの運用をめぐるトラブルはこれまでにもあったという。

「過去にもSNSで炎上したことがあります。そこで“学習”すれば良かったんですが…。今回の騒動は、SNSのトラブル過去と球界での“要注意人物”という要素が重なった形になってしまった」(前出・球界関係者)

 球界内では、「いつかトラブるのでは…」と警戒され、それが的中した格好だったという。

 山田の妻もこれで猛省し、源田夫妻、山田夫妻に平穏な日が訪れるのを願うばかりだ。

関連リンク

  • 9/26 11:00
  • アサジョ

今、あなたにおすすめ

この記事のみんなのコメント

6
  • ちなみに写真の人は、誹謗中傷した方?された方?・・・どちらにしても…『誹謗中傷を受けることが、どれだけの精神的苦痛や身の危険を感じることなのか…世の中にも訴えかけていく心持ち』だったキモチが、チームメイトの奥さんが犯人だとわかった途端に無くなるのかい!?少しでも世の中が良くなるように!って思いがなくなるのかい!?他人だったら責任取らせてたのかい!?所詮、自分たちさえ良ければって考え方だよね。

  • 旦那さんもこれでは仕事やり辛いだろう。

  • オオゴトにせず内々で済ませたいキモチはわかりますが…名の知れたプロ野球選手は公人のひとりともいえるので、こういった社会問題となり得ることは内々で済ませてはいけないと思います。世間の人々が安易にマネをしないよう社会規範を示すためにも、一般に広く知ってもらう必要があるのです。厳しいようですが…それも、人より多くの収入を得たり、注目を集めたりする人の責任かと思います。

記事の無断転載を禁じます