下着は買い替えないとダメ! 会議中の『珍事』に「爆笑した」「なんで…!」

拡大画像を見る

女性の胸を支えるブラジャーは、機能やデザインが豊富です。

人によっては「見えるものではないから」と、ゴムやカップの部分が多少傷んできても、お気に入りの1本を使い続けているかもしれません。

そんな状態の人に注意を呼び掛けたのは、日常の出来事を漫画に描いているダル子(@darudarudaruiko)さん。

会社の会議に参加中、着用していた下着のせいで悲劇が起こったといいます。

立ち上がった瞬間、ダル子さんの首元までせり上がってきたのは、くたびれたブラジャーでした!

どうやら、身体にフィットしなくなったブラジャーを使い続けていたため、少しの動きで胸元からズレたようです。

着ていたシャツの首元が開いているタイプだったこともあって、勢いそのままに、ブラジャーが服から飛び出たのでした。

ダル子さんは、まさかの事態に身体が動かず、すぐにはブラジャーをしまえなかったとか。

ほかの女性社員がその場におらず、同性からのフォローがない代わりに、男性社員たちが一生懸命に励ましてくれたそうです。

会議中の珍事は、人々の腹筋を崩壊させました。

・なんで…!ミラクルすぎる!

・久しぶりに爆笑した。

・笑いすぎて、もはや泣いています。

・着古したブラがずり上がってくる時があるので、自分も危ない。

ダル子さんは、自身の漫画を公開しつつ「自分のブラが弾き飛ばないか、チェックしてね」と改めて呼び掛けています。

ちなみに、下着を販売している株式会社ワコールのウェブサイトでは、ブラジャーの替え時について紹介されていますよ。

個人の感覚の差がありますが、「くたびれている」と感じたブラは替え時です。

見た目は多少くたびれていても、何となく着け続けてしまう人も多いようです。

サイズ表記や洗濯表示のタグの文字が薄くなっていたり読めなくなっていたりしないかも、ひとつの目安になりますね。

ワコール・Wacoal ーより引用

ほかに、ブラのカップやワイヤーの形が崩れていたり、肩ひもやゴム部分が伸びていたりすると買い替え時とのこと。

また、身体にフィットしているかどうかも重要なため、身体をひねったり、腕を上げたりしてチェックしてみたほうがよいでしょう。

新しい下着を買えば、ダル子さんのような事故を未然に防げて、気分も上がること間違いなし!

あなたも、手持ちの下着をチェックしてみてくださいね。

[文・構成/grape編集部]

出典 @darudarudaruikoワコール・Wacoal

関連リンク

  • 9/26 10:33
  • grape

今、あなたにおすすめ

記事の無断転載を禁じます