NHK大河『鎌倉殿の13人』、テレ朝『相棒』出演の宮沢エマ、座長舞台の中川大志、ダイワマン・市原隼人、平野紫耀『クロサギ』に坂東彌十郎」…「三谷幸喜」大バブル勃発中

拡大画像を見る

 いよいよ佳境の小栗旬(39)主演、三谷幸喜脚本のNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』。

 9月25日放送の37話、『オンベレブンビンバ』では、北条家の来たるべき対立の前に、かつての平和な日々の団らんシーンが描かれた。執権・北条時政(坂東彌十郎/66)が「オンベレブンビンバ」と、かつて大姫が教えてくれたおまじないの言葉「オンタラクソワカ」を間違って唱える朗らかな姿に、これから訪れる破滅を予感した視聴者も多かったと思われる。

 その前の週、9月18日放送の第36話『武士の鑑』では、人気のキャラクターでもあった畠山重忠が迎えた最期を中川大志(24)が圧巻の迫力で熱演。瞬く間に話題をさらった。

「重忠は武勇と忠義で知られ、世間からの評判も高い御家人でしたが、執権・北条時政とりく(宮沢りえ/49)夫婦の暴走の結果、畠山一族を滅ぼそうとする動きとなり、北条義時(小栗旬)が納得しないまま戦が始まってしまったんです」(専門誌記者)

 そして、鎌倉軍と望まない形で対立した重忠は、義時と一騎打ちに。馬上で切りあったのちに、最終的に重忠と義時の鬼気迫る表情での殴り合いとなった。魂のぶつかり合いとも呼べる壮絶な殴り合いを制したのは重忠だったが、義時にトドメは刺さず。戦は夕方に終わり、畠山は首を取られることになった。

「多くの視聴者が“大志ロス”に陥る、圧巻の名演技でした。

 この回の放送後、9月20日に、中川さんは見た目も性格も対照的ながら、重忠と名コンビとしてやり取りを重ねてきた和田義盛役・横田栄司さん(50)とのツーショット写真を投稿していますが、こちらにも注目が集まりましたね」(前同)

 中川は《気付けばいつも隣にいた人。大好きな人。》として、《畠山重忠という男に出逢えた事、彼の人生を生きれた事は、僕の誇りです》とつづっている。なお、このショットの撮影者は小栗だったようだ。

「横田さんといえば、肝機能障害と慢性疲労症候群の診断を受けたうえ、メンタルヘルスも不調と診断され、9月8日に10月29日~11月6日に紀伊国屋サザンシアターで上演される予定だった文学座の舞台『欲望という名の電車』を降板することが発表。心配の声が上がっていましたが、この中川さんとのショットは実にいい写真です。舞台といえば、中川さんも主演舞台を控えているんですよね」(前同)

 中川は、11月6日に明治座で開幕する音楽劇『歌妖曲~中川大志之丞変化~』での主演が控えている。子役出身でキャリアも長い中川だが、実は本格的な舞台は初挑戦。9月13日の制作発表では「久々に震えるくらい緊張しています」としたうえで、自分の名前を冠した舞台であることには「最初は仮のタイトルだと思っていた」「本当のタイトルとして発表された。ちょっとドキドキしてます」とコメントしていた。

「横田さんは文学座俳優としてこれまで数多くの舞台に立っている。もしかすると中川さんが相談したこともあるかもしれませんね。

 ちなみに、中川さんは女優の比嘉愛未さん(36)と親交があり、9月21日に高級ブランド『DIOR』の旗艦店『ハウス オブ ディオール ギンザ』で撮った2ショット写真も反響がありましたね。

 それにしても『鎌倉殿』の名演技とネームバリューも影響しているのか、このところ中川さんに限らず、出演キャストを他番組でも目にする機会が増えています。」(前出の専門誌記者)

 中川以外では、『鎌倉殿』では時政の次女で、義時と北条政子(北条政子)の妹である実衣(みい)役の宮澤エマ(33)が、あの国民的ドラマに出演することが発表された。

「水谷豊さん(70)主演で、あの“亀山薫”こと寺脇康文さん(60)が14年ぶりにカムバック。放送前から大金s話題を集めている『相棒 シーズン21』(テレビ朝日系)の10月12日放送の初回ゲストで出演します。『鎌倉殿』では政子と義時に、妹ながらも敵意をもって接するという難しい役ですが、抜群のアクセントをドラマにもたらしています」(芸能プロダクション関係者)

 ちなみに宮澤は三谷作品の常連で、19年の映画『記憶にございません!』や20年の『誰かが、見ている』(Amazonプライムビデオ)にも出演している。

「ほかにも、北条時房役で出演していた瀬戸康史さん(34)は間を開けず10月16日から『霊媒探偵・城塚翡翠(れいばいたんてい・じょうづかひすい)』(日本テレビ系)で主人公(清原果耶)のパートナーとなる推理作家香月史郎(こうげつ・しろう)を演じています。

 9月29日に最終回を迎えたドラマ『競争の番人』(フジテレビ系)は、キャストのかぶりかたもすごかった。主演の坂口健太郎さん(31)は義時の長男・北条泰時で、主人公の上司・小池栄子さん(41)は北条政子。序盤の悪役は三浦義村を演じていた山本耕史さん(46)で、終盤の事件のゲストキャラは『鎌倉殿』の前半で活躍した伊東祐清役の竹財輝之助(42)でした」(前同)

 また、やたら肉体美を強調する姿と寡黙な仕事ぶり、女性を見る目がまったくの節穴な部分などがコメディリリーフとして血で血を洗うストーリーに疲れた視聴者の癒し枠となっている八田知家役の市原隼人(35)は、今秋に映画『レッド・シューズ』が控えている。

 さらに、08年に役所広司(66)が、今年は西島秀俊(51)が主役の大和ハウス工業の人気CM『ダイワマン』シリーズにも「役者志望の青年」役で出演しているのも記憶に新しい。

「キャスティングからして、今後、市原さんが活躍していくことは間違いない。ダイワマンの相棒、もしくは二代目ダイワマンになるんじゃないでしょうか」(前出の専門誌記者)

「もともと、実力も知名度もある役者をそろえているので、ある程度は必然な部分もありますが、間違いなく『鎌倉殿』が影響を与えたと言えるのが、北条時政を演じている坂東彌十郎さん(66)ですよね。

 歌舞伎役者として活躍する一方で、これまでドラマの出演は端役が多かった。ところが、『鎌倉殿』で時政を演じたことで、一般層にも知名度は急上昇。

 10月21日スタートのKing&Princeの平野紫耀さん(25)主演の『クロサギ』(TBS系)では主人公の最大の敵で父親の仇である大物詐欺師・御木本としてTBSの連ドラ初レギュラーを飾ります。なお、『クロサギ』には山本耕史さんも大企業のみを標的にする人たらしの詐欺師・白石陽一として出演しますね」

 まさに「鎌倉殿バブル」と呼べる現状。これからも、いろいろな仕事が発表されるに違いないーー。

関連リンク

  • 9/26 7:20
  • 日刊大衆

今、あなたにおすすめ

記事の無断転載を禁じます