3代父オグリキャップ 希少血統馬オグリヨンセイが27日門別でデビュー予定

拡大画像を見る

 9月27日に門別競馬場で行われる2歳未勝利戦(3R、ダ1000m)で、現代では絶滅寸前となっているオグリキャップの直系に属する2歳馬オグリヨンセイ(牡2、北海道・佐久間雅貴厩舎)がデビューを予定している。

 オグリヨンセイは父クレイドルサイアー、母バロンドールパル、母の父デザートストーリー。2代父はノーザンキャップ、3代父に『競馬ブーム』の立役者となったアイドルホース・オグリキャップがいる血統。

 ノーザンキャップ産駒として唯一サラブレッド血統登録されているのが父クレイドルサイアー。2014年に種牡馬登録がされているものの、なかなか産駒が誕生せず現2歳世代がファーストクロップにあたる。現役産駒はオグリヨンセイを含めわずか2頭で、同父のフォルキャップ(牡2、北海道・桧森邦夫厩舎)は2022年9月時点で7戦0勝、2着4回という戦績を残している。『4世』の初陣に要注目だ。

関連リンク

  • 9/25 14:45
  • netkeiba.com

今、あなたにおすすめ

記事の無断転載を禁じます