広瀬すず&山崎賢人、東出昌大&杏から巨人軍ドラ1まで「顔出し原稿読み」!西武・源田壮亮の元乃木坂妻を「誹謗中傷メール」で追い詰めた山田遥楓・妻の「女子アナ仕事」の中身

 大きな波紋を呼んでいる9月22日発売の『週刊文春』のスクープ。埼玉西武ライオンズの選手、そしてその妻たちの間で勃発したトラブルを報じた記事だ。

 球界を代表する名遊撃手・西武の源田壮亮選手(29)の妻、元『乃木坂46』の衛藤美彩(29)がインスタグラムでの何十件にも及ぶダイレクトメッセージ(DM)で送られてくる誹謗中傷に苦しみ、身の危険を感じるようになった衛藤は、弁護士に依頼し、裁判所に対して発信者情報開示請求を行なったという。

 その結果、浮上した“犯人”がなんと、チームメイトで、ポジションも同じ山田遥楓選手(25)の妻、A子さん(32)だったというのだ。

 源田選手は『週刊文春』の報道後、自身のインスタグラムで騒動について自ら報告。報道の一部を否定しながらも、

<本件は、私たちのSNS上の公開されているコメント欄に、球団内部情報や個人情報が約2年間に渡り、晒され続けておりました。私たちの家の住所、妊娠、その他様々な情報などが晒され続けたことにより、引っ越しはもちろんのこと、身の危険、自分の身近の人なのか?という人間不信や不安が続き、精神的に追い込まれた状態に陥ってしまいました。

球団関係者が知人に話してしまったことが悪用されているのではと思い、極めて悪質であることと、身を守るためにもアカウントの開示請求に踏み切ることを決心しました。

誹謗中傷を受けることが、どれだけの精神的苦痛や身の危険を感じるものなのか、身をもって体験したことで、世の中にも訴えかけていく心持ちもございました。しかし、発信者が私たちが想像もしていなかったチームメートの奥様と特定されたことにより、全てを内々で済ませることと、当該選手から野球を奪わないで欲しいという想いを球団に相談させて頂きました>

 と綴っている。

■2020年巨人軍ドラ1、平内投手のデートも報道

「住所、妻の妊娠の情報まで晒されていたとはあまりに悪質ですよね……。そんな行為をしてしまったという山田選手の年上妻のA子さんは元タレントで、かつてはローカル局でリポーターのような仕事をしていたといいます。そして、実はつい最近でも……。A子さんは1999年の9月の山田選手との結婚後も、女子アナのような仕事を続けていたんです」(ワイドショー関係者)

 A子さんはあるニュース番組で、原稿を読む仕事を行なっていた。

「約4年前、まだ不倫発覚&離婚前、仲が良かった頃の東出昌大(34)と杏(36)が子どもとお出かけする話や、さまざまな事件、そして最近では山崎賢人(24)と広瀬すず(27)の熱愛のニュースまでA子さんは原稿を読んでいた。なかには、2020年の巨人軍のドラフト1位、平内龍太投手(24)の手つなぎデートのニュースも読んでいましたね。

 A子さんが、原稿読みが上手いかと言われると微妙な感じではありますが……しっかりとは読めていて、笑顔も爽やかで優しそうで、立派に女子アナとしての仕事をやっていました。

“女子アナ”としてニュースを報じていた側から報じられる側へ。しかも、夫と同じプロ野球選手の熱愛の話も報じていたわけで、こうなってしまった今、そうしたことについてもいろいろと思うところはあるのではないでしょうか……」(前同)

 大騒動となってしまった今回の件で、山田選手が西武ライオンズに残ることは不可能と見られている――。

関連リンク

  • 9/25 11:45
  • 日刊大衆

今、あなたにおすすめ

この記事のみんなのコメント

1
  • 源田の考えはおかしいと思う。当初は、『誹謗中傷を受けることが、どれだけの精神的苦痛や身の危険を感じるものなのか、~、世の中にも訴えてかけていく心持ち』になって、世の中からこのようなことが無くなるようにって思いだったんじゃないんかい!?それが、犯人が知り合いだとわかった途端に、その『世の中から無くなれば』って思いは無くなっちゃったの!?知らない人だったら罰せられても良いけど…って考えですか?

記事の無断転載を禁じます