松本人志「大晦日にやろうぜ」の衝撃発言に日テレ激震!『ガキ使』超優秀特番フォーマットと「昨年大爆死」の悪夢

拡大画像を見る

 日本の年末の風物詩となりながら、2020年末を最後に放送されていない『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』(日本テレビ系)の『絶対に笑ってはいけないシリーズ』。9月18日放送の『ガキ使』では、それに代わる新たな企画が生まれるかも、と視聴者に思わせる出来事があった。

「この日の『ガキ使』ではダウンタウン40周年&松本人志生誕59年を記念し、ダウンタウン愛をテーマにしたネタを披露するという賞レース『D-1グランプリ』を開催。

『ガキ使』は23時25分スタートの番組ですが、MCとして25年ぶりに今田耕司さん(56)を『ガキ使』に招いたうえで、ゴールデン特番以上に豪華な芸人が集結しました」(専門誌記者=以下同)

 出場者として発表されたのは、以下の11組。

《ZAZY、ランジャタイ、マヂカルラブリー、どぶろっく、錦鯉、とろサーモン、ナイツ、ハリウッドザコシショウ&くっきー!、ココリコ&陣内智則、FUJIWARA、月亭方正&たむらけんじ》

「今回は2021年M−1王者の錦鯉、FUJIWARA、2019年のキングオブコント王者のどぶろっくの3組のネタが披露されました。残る芸人も今後3週ほどに分けてオンエアされると思いますが、18日放送回では、とりわけどぶろっくの歌ネタが、スタジオでもSNSでも、大いに注目を集めましたね」

 どぶろっくは「願い2人に届け」と題して「テレビの中のあななたちに、気付けばいつも、笑顔させられた」「命懸けでふざけるあなたたちに、大丈夫だと背中押された」と、しっとりとした雰囲気で感謝を捧げる歌を披露。そのまっすぐなメッセージに、スタジオやダウンタウンの2人の目もうるみかけた。

 しかし、そこはどぶろっく。「一つだけ聞いて欲しい、俺たちの願い」とサビに突入すると「ダウンタウンの○○○が見てみたい~!」と絶叫。その後も「大きくても小さくてもかまわない」と例によってド直球の下ネタソングへと転調し、ダウンタウンとスタジオの爆笑をさらい、SNSでも《どぶろっく優勝待ったなし》《やっぱりかwww》《いい曲かと思ったらやっぱそうなるんかいw》と大盛り上がりで、ツイッターのトレンドにも入ることに。

■ダウンタウン松本人志の「意味深発言」とは何か

 こうして、初回放送から好評を博した『D-1』だったが、番組冒頭では松本からの気になる発言があったという。

「開幕前、同レースの審査員はダウンタウンだけでなく、元マネジャーで現在は吉本興業の副社長である藤原寛氏も招いていることなどを説明していたんですが、ここで松本さんから思わぬ発言があったんです」

 MC今田の、

「毎年数あるお笑いの賞ございます。 しかし! ダウンタウンの2人が審査するお笑いの賞レース、ありますか? ありません! ということは、どのお笑いの賞レースよりも芸人にとっては一番名誉のある賞と……」

 という露骨なヨイショに対して、松本は「はよやれー!!」と大声で制し笑いを取ったのだが、ここで「そこまで名誉があるんなら、大晦日にやろうぜ?」と提案し、「ガキの日曜日の11時しか流しません。お断りです!」と今田にバッサリ却下される、というやり取りがあったのだ。

「確かに、松本さんだけでなく浜田雅功さん(59)も一緒に審査員として並ぶ、というのはとんでもないシチュエーションですよね。また、どぶろっくにかぎらず、錦鯉もFUJIWARAのネタもおもしろかった。

 なにより、40周年を迎えてもいまだに、若い世代を含めた全世代から支持されている。そんな芸人はダウンタウン以外いないわけです。つまり、『D−1』は超優秀なフォーマットであることは間違いありません。今回参加したメンバーだけではなくて、多くの芸人たちが参加したがるだろうし、大晦日にやっても確実に数字が取れるでしょうね。

 しかし、これをこのタイミングで松本さんが提案する、というのが実に意味深なんですよね……」

■2021年末の代替番組は激スベリの結果に

 21年の大晦日、日テレは『笑ってはいけない』に代わり、6時間生放送の大型お笑い特番『笑って年越したい!笑う大晦日』を放送。同番組にはダウンタウンは不在で、MCはナインティナイン、千鳥、バナナマン、フットボールアワーの後藤輝基、麒麟・川島明、渡辺直美、かまいたち・山内健司が務めることに。

 しかし、18時30分からの第1部は平均世帯視聴率7.2%(すべてビデオリサーチ調べ、関東地区)と、前年の『笑ってはいけない』から約10ポイントも大幅に数字を落とし、『笑ってはいけない』で11年連続だった民放トップの座から陥落。テレ朝の『ザワつく!大晦日〜一茂良純ちさ子&徹子&羽鳥玉川&新庄BIGBOSSの会〜』に譲ることになった。

「残念なことに、今年も『笑ってはいけない』が放送されることはないようです。撮影される時期に新型コロナ感染症が大爆発したこともありましたからね……。そのため、今年も別の特番となるでしょうが、この壊滅的な数字からもう一度『笑う大晦日』、ということはありえない。

 ではどうするか、というところで候補として挙げられるのが、8月13日にダウンタウンにとって日テレでは6年ぶりの単発特番となる『ダウンタウンvsZ世代 ヤバイ昭和あり?なし?』では、とささやかれていますね」

■『絶対に笑ってはいけない』に代わるコンテンツ

 同番組はお盆の時期に放送されているが、これが視聴者の行動パターンが似ている大晦日のためのシミュレーションではないか、と推測されていた。

「9月7日に配信された『デイリー新潮』でも、この『vsZ世代』が『笑ってはいけない』シリーズや『行列のできる法律相談所』『有吉反省会』の総合演出を務める日テレのエースともいうべきプロデューサーの企画でもあることから、〈今年の日テレ大晦日は「ダウンタウン vs Z世代」で決まり〉というタイトルで報じています。

 こういう話が動いているさなか、今回の『D−1』の現場で松本さんから飛び出した“大晦日にやろうぜ?”発言には、日テレ関係者もビビったでしょうね」

 とはいえ、これは裏を返せば『絶対に笑ってはいけない』に代わるコンテンツが生まれる可能性がある、ということでもある。

「今年切り替えるのは、時間的問題で現実的ではないでしょうが、やはりダウンタウンは数字を持っているし、多くの芸人も呼べる。『D-1』も今回の数字がよければ、細部を調節してしっかりとした年末特番に仕上げることができるポテンシャルは十分秘めているんです。もし、今年の年末特番が2年連続で“爆死”した場合は、新たな年末の目玉になる可能性はありますよ」

 スタートしたばかりの『D-1』。「初代王者」が誰になるかも、後々に影響を与えそうだーー。

関連リンク

  • 9/25 8:00
  • 日刊大衆

今、あなたにおすすめ

この記事のみんなのコメント

2

記事の無断転載を禁じます