芸能人のあだ名「目鼻口近」「薄情大王」って誰だか分かる?/坂下ブーランの「地獄耳」芸能

拡大画像を見る

 思い起こせば、滝沢カレンが付けた芸能人のあだ名は秀逸だった。先駆者である有吉弘行は、黒柳徹子のことを「クソババァ」としたが、滝沢は「早口国宝」と慮った。

 一方で配慮を見せず振り切ることも多く、高畑充希を「目鼻口近」と言ったり、日本テレビの水卜麻美アナを「肉米肉米」、東野幸治を「薄情大王」と呼ぶ。

 その「薄情大王」も、あだ名付けをすることがある。

 サーフィンばかりしているほんこんを「海くずれ」と呼んだのだ。

「『海くずれさん、今度、ご飯連れてってくださいよ』って1回言ってみたら?」

 と後輩芸人をけしかけている。

 思いつくなり後輩に振るところは、有吉に「2軍のボス」と付けられただけのことはある。

 麒麟の川島明は「笑っていいとも!」に初めて出演した際、タモリから「下駄みたいな顔をしてるね」と言われ、ショックを受けた。

「なんやろう…『下駄みたいな顔をしてるね』はたとえじゃなく『下駄みたいな顔をしてるね』しかない。『皆さんの足を支える』とかじゃないのよ」

 と言って、憤ったのだ。

 さらには「タモリ倶楽部」に出演した際、「お前、台湾の獅子舞みたいな顔をしてるぞ」と言われた。

「また悪口。二枚悪口。いや、ありがたいですよ、嬉しいです」

 もはや、そう言うしかなかったのだ。

(坂下ブーラン)

1969年生まれのテレビディレクター。東京都出身。専門学校卒業後、長寿バラエティー番組のADを経て、高視聴率ドキュメントバラエティーの演出を担当。そのほか深夜番組、BS番組の企画制作などなど。現在、某アイドルグループのYouTube動画を制作、視聴回数の爆発を目指して奮闘中。

関連リンク

  • 9/24 17:59
  • アサ芸プラス

今、あなたにおすすめ

記事の無断転載を禁じます