猫に噛まれたあとラーメン屋の店主が死去 / Japanese Soba Noodles 蔦

拡大画像を見る

ミシュランにも認められ、そのほか多くのラーメンマニアが絶賛している日本のラーメン屋『Japanese Soba Noodles 蔦』。そのオーナーシェフとして知られている大西祐貴さんが亡くなった。43歳だったという。

Japanese Soba Noodles 蔦オーナーシェフ大西祐貴

大西祐貴さんは亡くなる数日前に愛猫に噛まれ、それ以来、体調がすぐれなかったようだ。愛猫に噛まれたことが原因なのかどうかは不明だが、どうであれ、大西祐貴さんが亡くなったことは事実であり、多くの人たちが悲しんでいる。






大西祐貴さんが生み出した味は永遠

オーナーシェフは亡くなったが、その遺志を受け継いでいる弟子たちがいる。これからもラーメン屋『Japanese Soba Noodles 蔦』は続いていくだろうし、大西祐貴さんが生み出した味は永遠に人の味覚を喜ばせていくだろう。

実際に『Japanese Soba Noodles 蔦』を食べたことがあるが、すっきりとした醤油ベースのスープがヤミツキになるほど美味で、後味として香ばしさが残るのも心地よかった。愛される味、納得の味である。

(執筆者: クドウ@地球食べ歩き)

関連リンク

  • 9/24 0:25
  • ガジェット通信

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます