目と目で通じ合おう!アイコンタクトで「好き!」を伝える方法って?

拡大画像を見る


好きという言葉を直接伝えるのはちょっぴり照れくさい事もありますよね。片想い中だと尚、好きという言葉を口にするのはレベルが高く、付き合い始めたカップルも照れくさくてなかなか言えません。
今回は、アイコンタクトで「好き」を伝える方法をお伝えします。


3秒見つめる

実は見つめる時の3秒って長く感じるんです。しかし、この3秒が肝!見つめられた側は、不思議に思う秒数なんです。
それ以上見つめてしまうと相手に警戒心や不快感を持たせてしまうので、あくまで3秒に留めてくださいね。友人に練習台になってもらうといいかも。
目が合ったら微笑んでみてください。ジッと見つめるだけではちょっと怖いですよね。表情はとても大事なポイントですので忘れないように☆


照れながら目を逸らす

照れながら目を逸らすのは、相手に「好き」を目でしっかりと伝えられる方法です。ちょっとだけレベルが高いかもしれませんが、頑張って実践してみましょう。きっと気になる彼に、俺のこと好きなのかな?と気付いてもらえるはずですよ。


ボーっとした表情で見つめる

微笑むのがやっぱり苦手!という方は、寝起きのようなボーっとした表情で見つめてみてください。しかし、睨むような表情やポカーンと口を開けた表情は逆効果なのでNGですよ。意外と難しいので、鏡の前で練習してみてくださいね。
目が合った時に、はにかんだ表情が見られればあなたを好きな証拠かもしれません。はにかんでいなければ、クールタイプな可能性あり。


まとめ

いかがでしたか?アイコンタクトで、気になる彼に「好き!」を伝える方法をお伝えしました。是非実践してみてくださいね。
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 9/23 12:01
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます