「女兄弟」がいると「恋愛観」が変わる? 木村拓哉×キンプリ髙橋海人&神宮寺勇太 小中学生時代の“甘い”エピソード

拡大画像を見る

木村拓哉が親交のあるゲストを迎え、人生をしなやかに生きていく様や、ゲストの秘めた魅力や強さに迫るTOKYO FMの番組「木村拓哉 Flow supported by GYAO!」。9月のマンスリーゲストは、King & Princeの髙橋海人さんと神宮寺勇太さん。9月18日(日)の放送では、リスナーから寄せられたメッセージを紹介。「ふと思い出す人」についてトークを交わしました。



髙橋さんがふと思い出すのは、小学校低学年のとき、近所の公園に紙芝居をしに来てくれていたおじさんのこと。髙橋さんによると、そのおじさんは毎週同じ曜日に近所の公園に現れて、無料で紙芝居を披露してくれたそうです。紙芝居終了後には、集まった子どもたちにカードゲームやお菓子を配って帰るという、子どもたちにとっては、まさに夢のような時間だったそうです。

さまざまな紙芝居を見てきたと話す髙橋さんは、「ある程度の自我は、そこの紙芝居で培ったっていうか」と幼少期を振り返ります。そんな自身の体験もあって「いつか自分も、公園で紙芝居をして、無料でお菓子を配って帰るみたいな生活をやってみたいんですよね」と笑顔を見せます。

その理由について「多感な幼少期、いろんなことを感じて人間性を作り上げていく時期に、いろんな作品とサービス精神を見せてくれる(紙芝居のおじさんの)人間性に、すごく影響を受けました」と語り、「『あの人は今、何やっているんだろう……?』と、ちょくちょく思い出しますね」と、しみじみ。

その回答が意外だったのか、木村は「(ふと思い出すのは)小学校のときの『あの子かわいかったな』『あの子のことが好きだったな』とかじゃないんだね」とコメント。

これに髙橋さんは「小さい頃、好きとか付き合うとか、そういう恋の仕方が全然わからなくて。『かわいいなぁ』と思うことはあったんですけど、“好き”っていう感情が全然わからなかったんですよ。普通に友達になっていて、相手を女性として見る機会がなかなかなかったんで」と説明します。

それは、お姉さんの存在も大きかったようで、一緒に女の子の遊びをしたり、少女漫画を読んだりしていたため、同級生の女子と話が合うことから「女の子の友達が多かった」と髙橋さん。友達として接していたため、“好き”という感情は「なかったですね」と当時を振り返りました。

一方、神宮寺さんは「僕は小学校の頃、みんな好きだったですけどね(笑)。女の子のこと。小学校の頃ってそうじゃなかったですか? みんな、かわいく見えた気がしたんですよね」と髙橋さんとは真逆の回答。

これに木村は「俺、どうだったかな……小5ぐらいになったときに、急に『絶対、あの子かあの子だな』っていう感じで……」と打ち明けると、神宮寺さんは「低学年の頃は、みんな好きでした(笑)。でも、確かに僕も高学年になるにつれて、『この子だ!』っていうのはありました」とうなずきます。

また、神宮寺さんは1人っ子ということも影響してか「同い年の子をみんな好きになっちゃったんですよね、僕」と小学生時代を回顧。木村も「(その影響は)あるのかもしれないね。俺もお姉ちゃんも妹もいないから、女の子に対する特別感っていうのが、どうしてもあるよね」と共感します。そんな2人のやり取りに、髙橋さんも「女兄弟がいると、恋愛観が変わるって言いますもんね」と納得の様子でした。

次回9月25日(日)の放送もお楽しみに!

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2022年9月26日(月) AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:木村拓哉 Flow supported by GYAO!
放送日時:毎週日曜 11:30~11:55
パーソナリティ:木村拓哉
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/flow/

関連リンク

  • 9/23 11:00
  • TOKYO FM+

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます